豪華なオーケストラサウンドを使用したアニソンに、人気声優アーティストの新たな側面を垣間見せてくれた新曲、男女デュエットによるちょっぴり風変りなポップソングなどなど、2018年の春アニメも新たな名曲が数多く誕生しました。

今期の特徴を挙げるならば、上記のように曲調や表現方法に、前期以上の多様性が見られた点だと思います。歌も音も実にバラエティ豊か。楽曲が多様性に富んでいた分、リスナーにとっても選り取り見取りで楽しいクールとなったことでしょう。

そんな春アニソンの中から、筆者のオススメ楽曲をベスト5形式でご紹介。いずれも個性的な楽曲揃いです。

オーイシマサヨシ『オトモダチフィルム』(『多田くんは恋をしない』OP)

ソロでの楽曲リリースに加え、昨年の大ヒットアニソン『ようこそジャパリパークへ』を筆頭とする各作品、アーティストへの曲提供、Tom-H@ckさんとのユニット「OxT」での音楽活動……と、様々な形態で精力的な楽曲制作を続けるアニソンシーンのキーパーソン、大石昌良さんが久々の「オーイシマサヨシ」名義で発表した待望の新曲。

カタカタ表記でのソロ曲としては約4年ぶりのリリースとなるシングルですが、今作も歌と演奏ともに大充実のナンバーとなっています。

アニメ『多田くんは恋をしない』の世界観に寄せて、カメラをテーマとしたラブソングとして書き下ろされた本曲。一度聴いただけで、まるで身体に染み込んでくるかのような親しみやすいメロディと、オーイシさんの透明感のある歌声が生み出すポップス感覚が何とも堪りません。

思わず口をついて出てくるような歌メロには、アニソンやJ-POPといったカテゴライズすら軽々と飛び越える普遍性とポップ・ミュージックとしての揺るぎない強さが感じられます。

また、サビに入る寸前に挿入されるファルセットボイスでの歌唱や、楽曲全体の多幸感を更に印象的に演出するチャイムの音色など、歌心と良メロ勝負によるシンプルな演奏ながらもそこにプラスアルファで加えられたひと工夫の数々も何とも楽しい限り。

MVでは、超キャッチーなダンスまで披露で、オーイシさんのエンターテイナーとしての才気が大爆発な1曲です!

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます