東芝、2週間充電が不要なリストバンド型活動量計「WERAM1100」

2014.8.18 16:43配信
4色のカラーバリエーションを揃えるWERAM1100

東芝は、2週間充電が不要なリストバンド型活動量計「WERAM1100」を、8月20日に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は1万2500円前後の見込み。

内蔵のセンサで測定した情報を分析し、歩数・移動距離・消費カロリーなどの「活動量」と、睡眠時間・睡眠サイクルなどの「睡眠」を測定するリストバンド型の活動量計。データはBluetoothでスマートフォンに転送し、専用アプリ上で移動距離や消費カロリー、睡眠時間などを表示する。また、アプリ上に食事の写真を記録することで、活動量・睡眠・食事をトータルで管理できる。

電源は、内蔵のリチウムイオン充電池。東芝の半導体技術で培った独自の信号処理技術によって、動作時の消費電力を最小限に抑え、2週間連続使用でき、旅行先や出張先などでもバッテリ残量を気にすることなく使用できる。また、独自開発のアルゴリズムによって、活動状態・睡眠状態を自動で判定し、入眠時・起床時に手動で切り替える必要がない。

朝食の時刻や運動開始時刻などのライフログを簡単に記録することができる。歩数など、ユーザー自身が設定した目標の達成時やアラーム設定時刻に振動で知らせる機能を搭載する。スマートフォンの対応OSは、Android 4.0以上、iOS 7.0以上。iOS版アプリは9月末に提供する。

サイズは、厚さ約12×幅約19mmで、バックルにバンドの一番長い部分で固定した場合が約195mm、一番短い部分で固定した場合が約140mm。重さは約27g。IPX5/IPX7相当の防水/防塵機能を備える。カラーは、ブラック、ライトグレー、スモークピンク、ブルーグリーンの4色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング