ドコモ「カケホーダイ&パケあえる」、シェアグループの回線数で料金の均等割が可能に

2014.8.20 17:52配信
均等に分割できる請求方法のイメージ

NTTドコモは、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の「シェアパック」と「ビジネスシェアパック」に関連する利用料金について、シェアグループの契約回線数に応じて、均等に分割できる新たな請求方法を追加する。9月1日に受け付けを開始し、10月請求分(9月利用分)から適用する。

「カケホーダイ&パケあえる」は、自社・他社を問わず、固定電話宛てを含めた国内音声通話が「かけ放題」になる「カケホーダイプラン」の利用者を対象に、パケット通信(パケットパック)のデータ通信量を複数回線で分け合うことができる料金プラン。

家族間や同一法人間などで分け合うことができる「シェアパック」「ビジネスシェアパック」の利用料金の請求方法として、代表回線に一括して請求する方法に加え、新たにシェアグループの契約回線数に応じて均等に分割して請求する方法を追加する。

対象となる請求項目は、「シェアパック10/15/20/30」「ビジネスシェアパック10/15/20/30/50/70/100/150/200/250/300/400/500/700/1000/1500/2000/3000」「シェアオプション定額料」「スピードモード利用料」「1GB追加オプション利用料」「ずっとドコモ割」。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング