クリエイティブメディア、USBオーディオインターフェース「Sound Blaster E3」「Sound Blaster E5」

2014.8.21 12:26配信
Sound Blaster E3

クリエイティブメディアは、PCと接続してUSBオーディオインターフェースとして、またスマートフォンなどと接続してポータブルヘッドホンアンプとしても使える「Sound Blaster E3」を、8月下旬に発売する。価格はオープンで、オンラインショップのクリエイティブストアでの税別価格は1万1800円。フラッグシップモデル「Sound Blaster E5」の発売も予定している。

「Sound Blaster E3」は、最大24ビット/96kHzのハイレゾ対応で、S/N比112dBのDAC(デジタル/アナログコンバータ)を搭載。PCでの高音質再生やマイク入力ができる。Bluetooth 2.1+EDRに対応し、バッテリを備えているので、スマートフォンなどと接続してポータブルヘッドホンアンプとしても使用できる。

NFC(近距離無線通信)を搭載し、Bluetooth対応スマートフォンなどとタッチするだけでペアリングができる。オーディオコーデックは、高音質のaptXやAACに対応する。Bluetooth接続は、2台までの機器を同時に接続できるマルチポイント接続に対応。付属のUSB On-the-Goケーブルを使えば、Lightning端子を備えたiPhone/iPadと接続してオーディオ再生ができる。

インピーダンス最大600Ωの高インピーダンス対応ヘッドホン出力×2基と、PCやスマートフォンでの通話に使用できるマイクを搭載。ポータブルヘッドホンアンプとして使用する際に、背面のクリップで服のポケットなどに取りつけて使用できる。

このほか、PCと接続してUSBオーディオインターフェースとして使用する際に利用できる機能として、迫力と臨場感のあるオーディオ環境を実現する「SBX Pro Studioテクノロジー」、音声コミュニケーション時の音質を改善する「CrystalVoiceテクノロジー」、ゲーム内の環境音をハイライトする「スカウトモード」、PC上で再生中のサウンドとマイクの音声をミックスする「再生リダイレクト(ステレオミックス)」機能(Windowsのみ)などを備える。

電源はUSBバスパワーに対応し、バッテリ駆動時の動作時間は、Bluetooth接続時が最大8時間、アナログ接続時が最大17時間。対応OSはWindows 8.1/8/7/Vista、Mac OS X 10.6.8以降。サイズは幅45.0×高さ23.0×奥行き60.5mmで、重さは約44g。

「Sound Blaster E5」は、24ビット/192kHzに対応するフラッグシップモデル。発売日など、詳細は未定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング