パラレルス、Mac用の仮想デスクトップソフト「Parallels Desktop 10 for Mac」、Yosemiteに対応

2014.8.21 17:5配信
Parallels Desktop 10 for Mac

パラレルスは、8月20日、Mac上でWindowsを再起動せずに実行することができる仮想デスクトップソフト「Parallels Desktop 10 for Mac」のアップグレード版を発売した。通常版(パッケージ版/ダウンロード版)は、8月26日に発売する。

最新版はMac OS X Yosemiteに対応し、Yosemiteに搭載予定の各種機能をWindowsやWindowsアプリケーションでも使用できる。また、Windows上でのドキュメントを開く際の速度を最大48%高速化するとともに、バッテリ持続時間を最大30%延長、Office 2013の起動時間を最大50%高速化するなど、パフォーマンスを向上した。

リアルタイムで最適化することで仮想ディスクを自動で圧縮し、仮想マシンが使用するディスク領域を必要な容量だけに抑える機能を備える。「ディスク領域解放ウィザード」を使えば、「Parallels Desktop」本体と仮想マシンが使用する領域を確認し、クリーンアップできる。

オフィス環境のMacにWindowsアプリケーションを配布する「Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition」もアップグレードし、設定可能なポリシーにもとづくソリューションで、Macユーザーに対してWindowsアプリケーションのサポートを提供する。また、USBデバイス用のポリシー選択と強化、社内ネットワーク内のサーバーからNetBootイメージによるゲストOSのインストールなどの管理機能を搭載する。

価格は、通常版が8500円、アップグレード版が5300円、アカデミック版と大学生協版は6000円。9月19日には、5パックユーザー版とUSB版も発売する。価格は、5パックユーザー版が3万円、USB版が9500円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング