宮沢りえ、主演映画『紙の月』完成報告会見に登壇!

2014.8.22 12:6配信
『紙の月』完成報告会見に登壇した宮沢りえ

映画『紙の月』の完成報告会見が8月21日に都内で行なわれ、主演の宮沢りえをはじめ、共演の大島優子、小林聡美、吉田大八監督と原作小説を手掛けた作家の角田光代が出席した。映画は、『桐島、部活やめるってよ』の吉田監督が角田のベストセラーを映画化。夫とふたり暮らしで、何不自由なく暮らしているかのように見えた銀行員の梨花が、若い男に貢ぐため横領に手を染め、堕ちていくさまを鮮やかに描き出す。

その他の画像

宮沢にとって『オリヲン座からの招待状』以来、7年ぶりの映画主演。「7年間、ふつふつと溜めてきたものを本当に出し切ったと思います」と充実の表情。役柄に関しては「お話をいただいて、すぐに『やる!』という気持ちにはなれなかったです。衝撃的なシーンもあるし、やったことのない役だったので。それでも吉田大八監督と仕事をしたい! 見たことのない自分に出会いたいという思いでやりました。案の定、映画を観たら本当に見たことがない自分がいました」と語った。

原作者の角田は、物語の生みの親であるにもかかわらず映画について「度肝を抜かれました。私にはとても書けないです!」と手放しで称賛し、宮沢の演技についても「すごい迫力で怖かった! どんどん悪くなっていくのに、それに比例して透明な美しさを帯びていく。怖かったですし、素晴らしいです!」と大絶賛。宮沢は「正直、やったー!という気持ちです」と笑顔を見せた。

本作で小林と大島が演じる梨花の同僚役は、原作には登場しない映画オリジナルのキャラクターだ。初共演の宮沢と、緊迫感のある“対峙”シーンがあった小林は、「刺激的で楽しい現場でした」と述懐。大島は、宮沢、小林という先輩女優の演技、吉田監督の演出を目の当たりにし「勉強させていただきました」と興奮気味に語った。特に繊細な吉田演出について「ボソボソっと喋るんですが、ストンと心に落ちていくんです。意図してやっているのか? 本能なのか? ズルい男性だなと思いました(笑)」とすっかり魅了されたようだった。

吉田監督もこの3人の女優の演技に手応えを感じているようで「この3人を揃えただけでもほめてもらいたい(笑)」と自信をのぞかせた。

『紙の月』
11月15日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング