『ザ・レイド GOKUDO』アクション凝縮予告編が解禁

2014.8.22 11:57配信
『ザ・レイド GOKUDO』(C)2013 PT Merantau Films

全世界のアクション映画ファンを熱狂させた傑作『ザ・レイド』のスタッフ&キャストと日本人俳優たちがタッグを組んだ最新作『ザ・レイド GOKUDO』の予告編映像が公開された。潜入捜査官とマフィアとヤクザが火花を散らす作品で、1カットも見逃せない超絶的なアクションシーンがギッシリとつまった予告編に仕上がっている。

『ザ・レイド GOKUDO』アクション凝縮予告編

本作は、警察の上層部から潜入捜査を命じられた新人警官のラマが刑務所に入ってマフィアのボスの息子の信頼を得て組織の一員になり、新興ギャングや、敵対する日本のヤクザ組織、暗躍する殺し屋たちと死闘を繰り広げる様を描く。

インドネシアの格闘術“シラット”だけでなく、ガンアクション、スタント、バイオレンス描写、観客の意表をつくユーモアなど様々な映画ジャンルの中から“刺激的な要素”だけを抽出して濃縮した映画『ザ・レイド』は、世界中の観客の度肝を抜いた。最新作では、その精神をキープしながら予算、撮影規模、俳優陣を増量・増強して製作が進められたという。

このほど公開された予告編では、主人公を演じるイコ・ウワイスの超絶的なバトルシーンが次から次へと登場。たったひとりで組織に潜入した彼は1000人以上もの悪党を相手にすることになるという。さらに松田龍平、遠藤憲一、北村一輝ら日本人俳優たち、前作で狂犬(マッド・ドッグ)を演じた怪優ヤヤン・ルヒアンが別の殺し屋に扮する場面、2本のハンマーで敵をブチのめす“ハンマー・ガール”など、タガの外れまくったキャラクターが次々に出現。前作は近接戦闘が中心に描かれたが、本作では肉弾戦だけでなくカーチェイスや、組織抗争の行方を描く壮大なドラマも登場。観客のテンションをあげる“燃料”が休みナシに投下されていく刺激的な予告編になっている。

『ザ・レイド GOKUDO』
11月22日(土) 全国ロードショー!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング