一人暮らし、楽しんでますか?

でも時々、一人暮らしなのに「何となく家に帰りたくない」って気分になること、ありませんか?

派手に遊びたいわけでもなく、誰かに会いたいわけでもないのに、このまま家に帰るのは何だかつまらない。

だったら、「家出」をしてみませんか?

旅行ほど大がかりではなく、散歩より豪華。それが、一人暮らしの大人の家出。

たまにはいいですよね。せっかく一人なんですから。

今回は、泊まれる本屋として話題の『BOOK AND BED TOKYO』の新宿店に、家出してきました。

好きな本を読んでいて、いつの間にか落ちてしまう至福の睡眠『寝落ち』を、本屋さんでしてみたい!

「好きな本を読んでいて、いつの間にか落ちてしまう至福の睡眠『寝落ち』を、本屋さんでしてみたい!」というコンセプトで、旅行者のみならず、本好き、面白いもの好きに人気のホステルです。

 新宿店は、同店の5店舗目として5/22(火)にオープンしたばかり。所在地周辺は「これぞ歌舞伎町!」というロケーションです。

リアル脱出ゲームの『東京ミステリーサーカス』が目を引くビルの8階に『BOOK AND BED TOKYO』が。(ちなみに、大人気『VR ZONE SHINJUKU』の隣です。)

エレベーターが開くと、スタイリッシュなフロントとカフェのキッチンが。

まずは館内の利用説明を受け、カードキーを受け取ります。

カードキーで宿泊エリアに入ると、広いロビーはまるで異世界のよう。

トーンを落としたオレンジ色の照明が印象的です。

広めのソファとたくさんのクッションに体を預けて読書する方や、ベンチでコーヒーを片手におしゃべりしている方たちの姿が。

天井からぶら下がっているのは、無数の漫画原稿。

こういう物がこんなオシャレな内装になるなんて。暫しぼんやり見上げてしまいました。好きな漫画の原稿があるとアガりますね。

天井ギリギリの高さまである大きな本棚は、階段のように登ってOK。

海外の写真集や料理本、絵本、図録、漫画、ファッション情報誌など、バラエティに富んでいます。

本棚と交互にあるカーテンの向こうが客室

そして、客室へ。

本棚と交互にあるカーテンの向こうが客室です。

カーテンの向こうは、子供の頃に憧れた『ドラえもん』の押入れベッドのよう。

読書が主旨なだけあって、ブックライトがとても明るいです。

コンセント二口と、セーフティボックス、ハンガーも二本完備。

乾燥に弱い方は、寝る時用にマスクの持参をおすすめします。

出入り口のカーテンは二重になっているので安心。こういうの、大事ですね。

スリッパ付き。こんなにふかふかなスリッパは、ホテルでもなかなか無いかも。

それでは、本棚を物色してみましょう。

棚ごとに、なんとなくテーマがあったりして、それを見るのも楽しいのです。

「女もつらいよ」ってことですかね。

「磯野」いや、「長谷川」か。家族それぞれのソロ本があることに驚きですが。

「眠れない人」推しの棚も。名作小説の英語版もありますね。

名作漫画の英語版もありました。

ミラーボールの下には、大量の雑誌が。国内外問わず、音楽、ファッション、トラベル、お取り寄せ、街、映画、手土産、グルメ、など、多ジャンル取り揃えてあります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます