「頼りがいのある男」を見抜く、意外と知らない些細なこと

2014.8.25 17:30

女性の代わりに重い物を持ち上げたり、矢面に立たされた女性をさりげなく庇ったり、そういう頼り甲斐のある男性って最近すっかり見なくなりましたよね。今回は、本当に勇気があって、優しく、頼れる男性の見つけ方についてお話しします。

最近すっかり見なくなりましたよね。頼り甲斐のある男性。女性の代わりに重い物を持ち上げたり、矢面に立たされた女性をさりげなく庇ったり、そういう「男」を見せてくれる男性、正直減ってます。

どこもかしこもナヨナヨウジウジ。「お前それでも男か!」と怒鳴られてもしようがない男性が溢れているじゃありませんか。しかもこういう手合いの厄介なところは、普段はチキンであることをひた隠しにしている点にあります。

では本当に勇気があって、優しく、頼れる男性とはどうやって探せばいいのでしょうか。

実は特別なことなんて必要ありません。普段の何気ない仕草を観察すれば、頼り甲斐のある男性を見抜くことは可能なのです。

どうせ交際するなら頼れる男性が一番! 今回はその見抜き方をご紹介いたしましょう。

 

有言実行、不言実行を全うする男性

頼りにならない男性の共通する特徴として、「口だけ達者」が挙げられます。小手先の知識だけを振りかざして偉そうにしている男性は、周囲から賛同を得にくいもの。

それを差し引いてよほどの話術があるか、口が災いして手痛く失敗した時にもめげないという男性なら一周回って逆にアリですが、なかなかそういう人は多くありません。

やっぱり言ったことはやり遂げる男性。

あるいは別に「○○をやる!」と宣言せずとも、それとなくノルマを達成し、しかもそれを自慢しない男性は女性だけでなく男性にも一目置かれるもの。こういう男性は付き合った時にも誠実である可能性が高いでしょう。

仕事に対する姿勢は、その男性の内面を映す鏡と考えてOK!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング