センチュリー、ワイヤレス接続に対応した「裸族のお立ち台 Wi-Fi」、HDD収納ケース「裸族のハードなケース」も発売

2014.8.26 12:1配信
裸族のお立ち台 Wi-Fi

センチュリーは、2.5インチと3.5インチHDD/SSD用外付けクレードル「裸族のお立ち台シリーズ」で初となるワイヤレス接続対応の「裸族のお立ち台 Wi-Fi CROSU3WF」と、HDD専用収納ケース「裸族のハードなケース シリーズブラックモデル」シリーズを発売した。

2.5インチと3.5インチのSATA HDD/SSD用クレードル。Wi-Fi、有線LAN、USB3.0で接続できる。NTFS、FAT32、exFAT、HFS+などの主要なフォーマット形式に対応。すでにデータの入っているHDD/SSDも、取りつけるだけですぐに使用することができる。

Wi-Fi接続で、スマートフォンやタブレット端末、PCなどから、「裸族のお立ち台 Wi-Fi」にセットしたHDD/SSDにアクセスできる。最大で5台のWi-Fi対応デバイスからの同時アクセスに対応。メディアサーバー機能で、DLNA対応機器でHDD/SSD内の動画や音楽、画像データを再生することもできる。

有線LAN接続では、製品付属のQRコードを読み込むことで、外出先でスマートフォンやタブレット端末などからアクセスできる。さらに、同一ネットワーク内に接続しているPCからもアクセスできる。スマートフォンやタブレット端末には、無料の専用アプリ「Ikasu File Manager」のインストールが必要。PCで使用する場合は、USB3.0接続の外付けドライブとして、高速で大容量のデータが転送ができる。

対応機種は、iOS 6以降を搭載したiPhone/iPad/iPod touch、Android 2.3以降を搭載したスマートフォン、タブレット端末、Windows 8(8.1)/7/Vistaを搭載したPC/AT互換機、Mac OS 10.6以降を搭載したIntel Mac、PlayStation 3などのDLNAに対応したメディア再生機器。サイズは、幅144×高さ69×奥行き98mmで、重さは約560g。価格はオープンで、税込み実勢価格は、1万800円前後の見込み。

「裸族のハードなケース シリーズブラックモデル」シリーズは、ハードな質感と耐久性を兼ね備えたアルミ・スチール製のHDD専用収納ケース。既存のシルバーに、ブラックモデルを追加する。内部のHDD専用サイズのクッションで、HDDを衝撃から守る。持ち運びに便利な取っ手つき。3.5インチHDDを5台収納できる「CRHC-001/BK」と、3.5インチHDDが6台と2.5インチHDDが3台の合計9台が収納できる「CRHC-002/BK」をラインアップする。

サイズは、「CRHC-001/BK」が幅257×高さ170×奥行き160mmで、重さは約1.0kg。「CRHC-002/BK」が幅300×高さ170×奥行き190mmで、重さは約1.3kg。価格はオープンで、税込み実勢価格は、「CRHC-001/BK」が3580円前後、「CRHC-002/BK」が4090円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング