カンパニー「デラシネラ」を主宰する演出家・振付家の小野寺修二とバレエダンサー・首藤康之によるコラボレーション企画『斜面』(作・演出:小野寺修二)が6月9日、池袋の東京芸術劇場シアターウエストで開幕した。

【チケット情報はこちら】

小野寺と首藤が初タッグを組み伝説の舞台となった『空白に落ちた男』から節目の10年、ふたりが挑戦を続けるフィジカルシアター・シリーズの第4弾だ。ある男の幻想のような旅を、パントマイマーとバレエダンサーのしなやかな身体と美しい照明でつづっていく。追う者と追われる者、それぞれの視線、現実と夢のねじれが、ヨーロッパ映画のように展開する舞台となっている。

鋭角な斜めが多様された舞台美術。幕が開き、目つきの鋭い男(雫境)が現れる。追っていたのか追われているのか…。すべての世界をシャットアウトしたように男の動きが止まり、『斜面』の“物語”は始まる。

舞台は一転、ひとつの椅子とごく普通(に見える)の男(首藤)。競馬場、お金、女(藤田桃子)の何かの依頼、アタッシュケース、地中海…さまざまな象徴が多角的に絡まり、普通に見えた男の“物語”も動き出す。そこへ、敵なのか友なのか、ある男(王下貴司)との関係が絡み合っていく。

今回の身体表現はごくシンプルだ。派手なダンスもアクションもない。楽器の音質を生かしたどこかノスタルジックな音楽。鍛えこまれたパフォーマーだからこそ可能な計算された照明。見る席で印象を変える斜めを多用した舞台美術。小劇場ならではの繊細な表情とそれを見る観客の視線。小野寺はさまざまなイメージを揺らしよじれさせ紡いでいく。

ストーリーは明確には示されない。しかし、小野寺が用意したディテールを集め、謎を追うようにパーツを組み立てているうちに、勝手に物語を創り上げていた。そして、予期せぬ感情が生まれていた。この感情を作品のどこに忍び込ませるかで、全体の受け止め方も大きく変わっていきそうだ。

普通に見えた男の旅はどうなるのか? 今の我々とどうつながるのか?イメージの連鎖を楽しんでいると、小野寺はぱっとそのイメージをも翻す。夢か現実か戸惑う観客に、小野寺はほくそえみ、期待を込めた視線を向けてくる。「やられた!」と思ったときには斜面の上にたたずみ、客席の自分を見つめているような感覚となった。初日を終えた小野寺は「間について、もっともっと味方につけていきたい」と語る。せりふこそないが、雄弁なイメージに試されるような舞台だった。

6月17日(日)まで、東京芸術劇場シアターウエストで上演。

取材・文:田窪桜子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます