タニタ、iPhoneや三菱の液晶テレビに対応する活動量計「カロリズム AM-160」

2014.8.26 18:28配信
AM-160

タニタは、省電力で通信できるBluetooth V4.0(Bluetooth low energy)を搭載し、スマートフォンや対応するテレビと連携する活動量計「カロリズム AM-160」を9月1日に発売する。価格はオープンで、タニタオンラインショップでの税込み価格は8618円。

身に着けるだけでカラダの動きを計測し、一日の消費カロリーや活動リズムなどを知ることができる活動量計。「AM-160」は、iPhoneや三菱電機が10月に発売する4K対応液晶テレビ「REAL LS1シリーズ」と連携し、計測結果を表示・記録できる。本体では、「歩数」「総消費エネルギー量」「活動エネルギー量」の3項目を表示。シンプルで使いやすい。

アプリと連携することで、「脂肪燃焼量」「活動時間」など、より細かな計測結果を確認することができる。対応するiPhoneアプリは、計測結果をグラフ化して管理するタニタの健康管理アプリ「ヘルスプラネット」、エクササイズの成果でアプリ内のキャラクターの体形や性格が変化していく「イケメン育成ダイエット - ふとしの部屋」、アプリ内のヒロインと一緒にランニングでダイエットに挑戦する「ランニング応援ゲーム ねんしょう!2+」の3種類で、いずれも基本料金は無料。

本体には、6秒ごとに行動判定するアルゴリズム「カロリズムエンジンPRO」を搭載し、「ヘルスプラネット」と連携することで、一日の活動量を「安静」「生活」「歩き」「走り」に分類して確認できる。サイズは、縦14×横75×高さ35mmで、重さは約26g。高級車のリモコンキーをイメージしたデザインで、カラーはブラックとシルバー。

スマートフォンやテレビと連携する体組成計「インナースキャンデュアル RD-900/RD-901」と組み合わせることで、運動の効果とからだの変化をひと目で把握し、より効果的な健康管理ができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング