ふなっしー、アフレコ収録でプリキュアに絡む!?

2014.8.27 11:9配信
ふなっしーとキュアラブリー

人気アニメの劇場版『映画ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ』の応援隊長にふなっしーが就任! 本人役で映画に出演することになり、8月26日に都内で報道陣が見守る中、収録に臨みハイテンションの演技を見せた。

その他の写真

ふなっしーは、プリキュアのピンチで観客の子どもたちが配布されたミラクルライト(※シリーズごとに名称が異なり本作では“ミラクルドレスライト”)を振るシーンに出演。自らライトを振ってプリキュアを元気づけるだけでなく、子どもたちに応援を呼びかける重要なシーンを任されている。

アフレコ用に巨大なヘッドフォンを装着してスタジオに現れたふなっしーは、マイクの前で飛び上がらんばかりのテンションと力強さで「プリキュア! がんばるなっしー! みんな! もっと大きい声でプリキュアを応援してほしいなっしー!」と台本に沿って語っていたが、2回3回と重ねるごとにテンションは大幅にアップ。最後は「プリキュア! プリキュア!」とコールを重ね、おまけに自身の“プリケツ(プリプリのお尻)”と引っかけて、かわいらしく「プリ!!」という台本にないセリフを発し、お尻を横に鋭く振るポーズで報道陣を笑いの渦に巻き込んだ。

その後、キュアラブリーと報道陣の質疑に応じたが、ルール上(声優なしで)声を発することが許されないキュアラブリーに対し「ノドの調子が悪いなっしーか?」「声優さんはノドが大事なっしー!」と失言気味の発言で絡み始める。『プリキュア』出演の感想を尋ねられると「嬉しいなっしー」と飛び上がらんばかりの喜びようで、再び「プリ!!」と尻を振るポーズ。これは微妙に『プリキュア』の哲学に合わないようで、キュアラブリーは同じ動きを拒否し、首をかしげていた。

また、今後やってみたいこと、挑戦してみたいことを問われるとふなっしーは「エアロスミスと共演!」と語り、報道陣から失笑が漏れると「人の夢を笑うなっしー!」と怒りを爆発させ「Walk This Way...」と熱唱。もはや何のイベントなのか分からない事態に。『プリキュア』の魅力を尋ねられると「女の子が元気なっしーな…以上!」と短く切り上げ、キュアラブリーもなんと反応したらよいかという感じで、スタジオは再び笑いに包まれた。

『映画ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ』
10月11日(土)より全国ハピネスロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング