ファーウェイ・ジャパンは6月11日、スマートフォンの新製品「HUAWEI P20」「HUAWEI P20 lite」をSIMフリーで6月15日に発売すると発表した。税別の市場想定価格は「P20」が6万9800円、「P20 lite」が3万1980円。同シリーズは最上位モデルの「HUAWEI P20 Pro」がNTTドコモから、下位モデルの「HUAWEI P20 lite」がau、ワイモバイルとMVNO各社から発売することが決定しており、これで「P20」シリーズの全ラインアップが出揃ったことになる。

「P20」は、18.7:9の5.8インチディスプレイ(FHD+)と、AI処理機能を内蔵したプロセッサ「HUAWEI Kirin 970」を搭載。フロントカメラ部分のノッチを最小化し、フルビューディスプレイを実現した。

アウトカメラはF値1.6の2000万画素モノクロセンサーとF値1.8の1200万画素RGBセンサーのLeicaダブルレンズ、インカメラはF値2.0の2400万画素イメージセンサーで構成。大型センサーを採用し、暗所でもくっきりと被写体を映し出す。また、19の被写体やシーンを認識するAIアシストやAI手ブレ補正、色温度センサーによる色最適化など、独自の機能で写真撮影をサポートする。

「P20 lite」は、昨年12月に日本市場でもっとも売れたAndroidスマートフォン(BCN調べ)である「P10 lite」の後継機。ディスプレイサイズは19:9の5.8インチで、「P20」同様にフルビューディスプレイを採用している。

プロセッサに「HUAWEI Kirin 659」を搭載。アウトカメラは1600万画素と200万画素のダブルレンズ構成、インカメラは1600万画素となっており、手軽にハイクオリティの写真撮影が可能。

ファーウェイデバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波氏は「IDCのグローバル調査による2018年第1四半期市場シェアで11.8%を占めたが、日本市場でもBCNが集計している実売データランキングで、SIMフリースマホでNo.1を獲得している」とマーケットの最新動向を説明。

発表会では写真家の内田ユキオ氏が「P20」が搭載するLeicaレンズの魅力を、インスタグラマーとして人気のモデル・西山茉希さんが「P20 lite」の使いやすさについてコメント。新たなカメラ体験がこれまでのスマホ撮影をいかに変えるかを語った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます