カシオ、新発想のセパレート型デジタルカメラ「EX-FR10」、後ろ撮りなど今までにないアングルで撮影

2014.8.27 19:33配信
EX-FR10

カシオ計算機は、コンパクトデジタルカメラ「エクシリム」の新製品として、カメラ部とコントローラがワンタッチで分離するシステムで、自分撮りやみんな撮り、後ろ撮りなど、多彩な撮影が楽しめる「EX-FR10」を、9月19日に発売する。価格はオープンで、税込み実勢価格は5万円前後の見込み。

「構えてシャッターを押す」という常識から離れ、フリースタイル撮影を実現する新発想のデジタルカメラ。カメラ部とコントローラがワンタッチで分離するシステムを採用し、分離したカメラ部を好きな場所に簡単に固定して、今までにないアングルで多彩な撮影が楽しめる。

カメラ部とコントローラは、省電力のBluetoothで接続。コントローラには2.0型の画面を備え、コンパクトながら直感的に操作できるインターフェースを採用した。縦横両表示に対応するタッチアイコンで、タッチシャッターやフリック操作でのモード切替えなど、スマートフォン感覚で快適に操作ができる。カメラ部、コントローラとも、IPX6/7相当の防水、IP6X相当の防塵、落下強度2.0mの耐衝撃性能をもつ。

35mm判換算で21mm相当の単焦点レンズ、有効1400万画素の2.3分の1型正方画素CMOSセンサを搭載。フルハイビジョン動画やインターバル撮影にも対応する。撮った画像は、Wi-Fiでスマートフォンやタブレット端末に転送できる。また、撮影した日とレイアウトを選ぶだけで、楽しい時間を凝縮した1枚の画像を作成する「ハイライトフォト」や、カメラがおすすめの静止画や動画を自動的に選択し、1本のショートムービーを作成する「ハイライトムービー」機能などを備える。

カメラやコントローラを首からぶらさげるネックストラップ、コントローラをぶらさげることができるカラビナストラップ、市販の三脚ネジに取りつける三脚ナットが付属。別売で、リュックサックなどにカメラ部を取りつけたまま、360°回転するマルチアングルクリップ、カメラ部を手首や頭部に取りつけて360°回転するマルチアングルベルトセット、カメラ部やコントローラを市販のアタッチメントにワンタッチで取りつけることができるトライポッドマウンターなどを用意する。

記録媒体はmicroSDXC/microSDHC/microSDカードで、内蔵メモリは約65.9MB。サイズは、カメラ部が直径60.9×奥行き28.8mm、コントローラが幅49.7×高さ84.2×奥行き18.9mmで、合体時が幅60.9×高さ153.1×奥行き34.2mm。重さは、カメラ部が約63g(ヒンジ除く、メモリカードを含む)、コントローラーが約80g、合体時が約175g(ヒンジを含む)。カラーは、オレンジ、ホワイト、グリーンの3色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング