ヘレン・ミレン主演最新作が11月に公開決定

2014.8.29 12:00配信
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 (C)2014 DreamWorks ll. Distribution Co. All Rights Reserved.

オスカー女優ヘレン・ミレンが主演を務める映画『マダム・マロリーと魔法のスパイス』が11月1日(土)から日本公開されることが決まり、このほどポスター画像が公開になった。約30メートルを隔てて建つフレンチ・レストランとインド・レストランの人々の“異文化衝突”をコミカルなタッチで描いた作品だ。

その他の情報

本作の原作はリチャード・C・モレイスのベストセラー小説で、スティーブン・スピルバーグと、TVキャスターで女優のオプラ・ウィンフリーが共同プロデュースを担当。『ショコラ』や『ギルバート・グレイプ』の名匠ラッセ・ハルストレムが監督を務めている。

本作でミレンが演じるマロリーは南フランスにあるフレンチ・レストランに自身のすべてを捧げている女性。店の気品と静かな雰囲気を保つために心を閉ざして経営にあたっていた彼女は、にぎやかな音楽と刺激的なスパイスが魅力のインド・レストランと対立する。しかし、宿敵の息子ハッサンが“魔法のスパイス”を駆使してつくりあげた料理によって彼女は変化を遂げていく。

劇中にはミレンをはじめとする演技派俳優たちと、美しく、食欲を刺激するような料理の数々が登場。南フランスの美しい光景と、魅力的な料理のコントラストも作品の大きな魅力のひとつだという。

『マダム・マロリーと魔法のスパイス』
11月1日(土) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング