KDDI、「au WALLET」×「auスマートパス」の連携を本格化、でんぱ組.incを宣伝部長に任命

2014.8.29 16:59配信
さらなるサービスの拡充を目指すau

KDDIは、8月28日、電子マネーサービス「au WALLET」とauスマートフォン向けサービス「auスマートパス」の連携や、映像サービス「ビデオパス」のコンテンツ拡充など、今年秋以降のサービス展開を発表した。

イベント冒頭で、高橋誠専務は「『毎日にWOWがあるスマホへ』のスローガンの下、端末だけでなく、サービスの拡充を進めている」と現在の事業戦略を説明。「6月に開始した『au WALLET』の登録数は、500万人を突破した。ポイントアップ店舗数の拡大や、WALLETポイントの用途拡大、『auスマートパス』との連携によって、その利用価値をさらに高めていきたい」と「au WALLET」の展開を語った。

「au WALLET」と「auスマートパス」の連携の狙いは、インターネットとリアルのサービスの親和性を高めることにある。「インターネットだけで『WOW=感動』をユーザーに伝えるのは難しい。リアルのサービスと結びつけることによって、新しい感動体験をもたらしたい」とビジョンを語った。

まずは「au WALLET」と「auスマートパス」クーポンが相互に利用できる店舗を増やし、リアルで「お得が倍増」する仕組みを構築していく。インターフェースには、それぞれのサービスから別のサービスへシームレスに回遊できるサイドメニューを追加。ニュースや天気、乗換え案内など、利用頻度の高い「auスマートパス」のアプリは、ユーザーが使いやすいように大幅にリニューアルする予定だ。

家族でのポイント共有や、ポイントでスマートフォンの利用データ量のチャージができるなど、柔軟な利用方法を導入することで、使い勝手を向上させる。カードの盗難・紛失時の不正使用を全額補償するなど、サポート体制の整備にも力を入れる。

映像サービス「ビデオパス」は、邦画のラインアップを拡充。定額見放題のサービスで日本最大級の1000本以上を提供する。さらに、テレビ東京と連携し、「ワールドビジネスサテライト(WBS)」の前日放送のダイジェストを配信。大画面化するスマートフォンのニーズを受け、モバイル端末で視聴できる動画コンテンツを拡充する。

イベント後半に登場したのは、秋葉原を中心に活動するアイドルグループ、でんぱ組.inc。auのサービスの宣伝部長に任命された6人は、「auスマートパス」「au WALLET」「ビデオパス」の3サービスを、それぞれ担当に分かれてアピールしていく。

特製の宣伝部長の名刺を受け取ってテンションが上がる6人だったが、「名刺を受け取っちゃったからね」と高橋専務がニヤリ。特命指令として、「でんぱ組ならではの宣伝活動を実施せよ!」と「auスマートパス/ビデオパスのスペシャルコンテンツをプロデュースせよ!」の二つのミッションが課せられた。

今回のイベントの模様はニコニコ生放送でも配信。難解なミッションに頭を悩ませたメンバーは、視聴者にアドバイスを要求し、ゲリラライブや特製名刺の配布など、さまざまな案が飛び出した。でんぱ組の必死のアピールに、動画内では「auに乗り換えます!」など、さっそくPR効果てきめんのコメントが並んだ。

発表会・ネットともに盛り上がったトークセッションは、センターを務める古川未鈴さんの今後の意気込みを込めたジェスチャーで締められた。大胆な動きに惑わされつつも、メンバーがジェスチャーのメッセージを解読。「サービスもでんぱもau!」という“電波”と“でんぱ”を引っかけたスローガンで、今後のPR活動への決意を表明した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング