BIGBANG、「a-nation」で初トリ! 弟分WINNERに、三代目JSBはシークレット登場

2014.8.30 0:1配信
BIGBANG 左からT.O.P、V.I、G-DRAGON、SOL、D-LITE BIGBANG 左からT.O.P、V.I、G-DRAGON、SOL、D-LITE

韓国出身の男性5人組グループ、BIGBANGが8月29日、東京・味の素スタジアムで行われたエイベックス主催の野外音楽フェス「a-nation stadium fes. 2014」に登場、2年ぶり2度目の出演で初めてトリを務めた。

BIGBANGの公演チケット情報

5万5000人の大歓声に沸くスタジアム。BIGBANGの応援グッズである黄色い王冠型のペンライトに埋め尽くされた会場にメンバーが登場し、『TONIGHT』『HANDS UP』でエンジンをかけると、ファンの熱気が一気に爆発した。

初のトリに、D-LITEは「夢みたい。うれしくて何も言えない」と感激の様子。ファンの歓声と熱気に、T.O.Pは「雰囲気が熱いですね」とにっこり。そして、「最後まで遊びましょう!」(G-DRAGON)、「テンションアゲていきましょう!」(V.I)と叫ぶと、『FANTASTIC BABY』『Feeling』『ガラガラGO!!』などのパーティーチューンで会場を揺らし、熱狂の渦に巻き込んだ。

『声をきかせて』『MY HEAVEN』では、二手に分かれてトロッコに乗り込み、会場を一周。「一緒に“ヘブン”に行きましょう」(V.I)と、歓喜に沸く客席を煽ると、大きな花火が打ち上がる。興奮冷めやらぬ会場をさらに煽り、再び『FANTASTIC BABY』で火をつけると、スタジアムのボルテージは最高潮に。その光景はまさに“ファンタスティック”。全11曲の熱いステージで5万5000人を一体にし、初日公演の幕を閉じた。

この日は、BIGBANGの弟分グループ、WINNER(ウィナー)が初登場。オープニングを務め、『GO UP』『EMPTY』など4曲を披露。堂々としたステージで観客を盛り上げた。

また、三代目J SOUL Brothersがシークレットゲストで登場。まるで単独公演かと思うような大歓声と黄色い悲鳴が上がる中、ダンスチューンをたたみかけ、会場を一体に。さらに、EXILEのTAKAHIROやNESMITH、SHOKICHI、そしてGENERATIONSらも登場し、豪華すぎる迫力満点のステージを披露、5万5000人を圧倒した。

その他、氣志團、BREATHE、Acid Black Cherry、ケツメイシらも出演。雨空をものともしない熱いステージで会場を沸かせた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング