どうも。夏が近づくと、お気に入りのキャップを選んで出かけるのが楽しみなアンリです。ムダな日焼けを避けるためなのはもちろん、ファッションのアクセントとしても便利ですよね。

さて、日差しが強いこれからの季節は紫外線対策が必須。できることなら帽子で万全に対策したいけど、脱いだ後のペチャンコヘアを考えるとどうにも被る気がしなかったりしませんか?

そこで今回は、ペチャンコヘアの悩みを解消する、「帽子着用時のアレンジテク」を紹介します。

帽子を被る前に分け目をチェンジ

まずひとつめは、寝坊して時間がない朝でも安心の、一瞬でできるテクです。

やりかたは本当に簡単。「いつもの分け目と反対側で髪をわけて帽子を被る」。ただこれだけ。

中村アンさん風にトップの髪をふわっとかきあげてさっと帽子を被れば、脱いだ後もトップの立ち上がりが保てます。

実際に帽子着脱後の写真で比べてみよう。 撮影:荒熊流星
帽子を脱いだ後の髪はどう変化する? 撮影:荒熊流星
いつもの分け目。 撮影:荒熊流星
いつもと反対側の分け目。ね? 一目瞭然でしょ? 撮影:荒熊流星

帽子を脱いだら三つ編みをほどいてウェービーヘアに

続いてふたつめは、ロングヘアの女の子向けの、三つ編みを使った上級テクです。

髪全体に軽くスプレーをしたら、分け目をジグザグに取って三つ編みをふたつ作って、それぞれを頭に沿わせてヘアピンで留めたら完成。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます