デートの定番といえばドライブ。助手席に座る場合、女性の言動で彼の気持ちは大きく変わります。

せっかく助手席に座るなら、彼の喜ぶことをして二人の仲を深めたいですよね。

ドライブデートで女性にされてうれしかったことを、男性に聞いてみました。

1: 小銭を用意してくれている

「ETC未対応の料金所やコインパーキングで、サッと小銭をだしてくれると助かります。

ドライブデートはけっこう小銭を使うから、小銭の用意ができる女性は気遣いできる女性だと思います」(37歳/商社)

最近は電子マネーやクレジットカードで支払う人も増えたため、小銭をあまり持っていない人が増えたのではないでしょうか。

少しかさばるかもしれませんが、ドライブデートの前に小銭をたくさん用意しておきましょう。

財布よりも小銭入れに入れておくほうが、出し入れもしやすいと思います。

2: ナビをしてくれる

「運転しながらカーナビを見るのも危ないし、隣にいるならナビをしてくれると助かります。

ナビの仕方がうまいとなおいいですね。『信号二つ先の◯◯交差点で右折』『あと5分ほどで目的地だよ』など、具体的に言ってくれるとわかりやすいです」(28歳/アパレル)

運転しながら知らない道を走るときは、ナビがないととても不便です。ここは助手席でしっかりサポートしてあげるといいですね。

地図が読めない人の場合は、音声で道案内をしてくれるアプリを事前に入れておくとよさそう。

自分で説明できない道も、アプリが説明してくれます。

3: 黙っていてくれる

「運転に集中したいから、できれば話しかけないでほしい。

以前、僕の様子を察して話しかけず、ずっと静かにしていてくれた女性がいたときは心から感謝しました。こういう女性だと安全運転しやすいです」(32歳/介護)

こちらは人によって意見がわかれそうですが、静かに運転したい男性や会話が苦手な男性なら、あえて黙っておくほうがいいですね。

デート相手が話したい派か話したくない派か、事前に確認しておくと安心です。

話したくないタイプの場合は、助手席でスマホをいじっていても気にしないタイプかどうかも、同時に確認するとよりいいですよ。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます