キヤノン、ビジネス向けインクジェットプリンタの新ブランド「MAXIFY」から「MB5330」など5機種

2014.9.1 17:41配信
新ブランドのロゴとMAXIFY MB5330

キヤノンは、ビジネス向けインクジェットプリンタの新ブランド「MAXIFY」を立ち上げ、第一弾としてインクジェット複合機「MAXIFY MB5330」など、新製品5機種を10月中旬に発売する。また、ビジネス向けA4モノクロレーザー複合機「Satera」シリーズの新製品5機種を、9月中旬に発売する。

「MAXIFY」は、高生産性・高画質・高い経済性を備えたビジネス向けインクジェット複合機/プリンタの新しいブランド。レーザー複合機/プリンタ「Satera」シリーズを含め、ビジネス向け製品のラインアップを拡充する。

「MAXIFY」シリーズは、プリンタ、コピー、スキャナ、ファクスを搭載するA4複合機「MB5330」「MB5030」「MB2330」「MB2030」の4機種と、A4プリンタ「iB4030」の計5機種。ハイスペック複合機「MB5330」は、スキャナの同時両面読取り機能を備える。

シリーズ全機種が、無線LAN、アクセスポイントモード、用紙を効率的に利用できる自動両面プリント機能を搭載するほか、クラウド上の文書や写真などを簡単にプリントできる「MAXIFYクラウドリンク」、スマートフォン/タブレット端末アプリ「MAXIFY Print」に対応する。

「MAXIFY」シリーズ向けに新開発したプリントヘッドと効率的な用紙搬送によって、モノクロ毎分23枚、カラー毎分15枚の高速プリントを実現。また、大容量インクタンクと最大500枚の大容量給紙カセットを採用し、インクタンクや用紙の交換頻度を減らし、業務効率を向上する。

新開発の4色顔料インクを採用。ブラックインクは黒濃度が高く、視認性が向上したほか、印字部分にマーカーを引いてもにじみにくく、こすれにも強い。さらに、グラフやウェブページなど多様なビジネス文書に適した色設計によって、カラー文書も色鮮やかに印刷できる。ハイスペック複合機「MB5330」、スタンダード複合機「MB5030」、A4プリンタ「iB4030」は、A4普通紙のインクコストがモノクロで税別約1.8円、カラーで約6.1円と低い。

価格はオープンで、キヤノンオンラインショップでの税別価格は、「MAXIFY MB5330」が3万6800円、「MAXIFY MB5030」が2万6800円、「MAXIFY MB2330」が2万3800円、「MAXIFY MB2030」が2万1800円、「MAXIFY iB4030」が2万2800円。

「Satera」シリーズは、A4モノクロレーザー複合機「Satera MF229dw」など5機種を9月中旬に発売する。「MF224dw/MF222dw」はコピー、プリント、スキャンの3つの機能を、「Satera MF229dw/MF226dn/MF216n」には、ファクスを加えた四つの機能を搭載する。

従来機種に比べ、A4縦の印刷速度を毎分25枚から毎分27枚に高速化したほか、独自のオンデマンド定着方式を採用することで、ファーストプリントタイムが6秒以下の高い生産性を実現した。

操作部の液晶画面「6行モノクロ液晶タッチパネル」は視認性が向上。操作メニューや動作状況を簡単に確認できる。さらに、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器との連携を強化し、設置場所を選ばずに印刷できる。

価格はオープンで、キヤノンオンラインショップでの税別価格は、「Satera MF229dw」が4万2800円、「Satera MF226dn」が3万3800円、「Satera MF216n」が2万9800円、「Satera MF224dw」が2万3800円、「Satera MF222dw」が1万9800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング