カシオ、スマートフォンアプリと連携した腕時計、地図をタッチすると針が動く「EQB-500」

2014.9.4 17:36配信
EQB-500

カシオ計算機は、「Advance. Dynamism」をコンセプトにしたメタルウオッチ「EDIFICE(エディフィス)」の新製品として、スマートフォンと連携してワールドタイムの使い勝手を向上した「EQB-500」を、9月30日に発売する。

メタルならではの上質なデザインで、ソーラー駆動や防水性、Bluetooth SMARTによるスマートフォン連携を実現。センターの時分針と9時側のインダイアルで2都市の時刻を同時に表示する「Dual Dial World Time」で、出張先の時刻と日本の時刻を確認し、ワンプッシュで2都市の時刻を入れ替えることができる。10気圧防水に対応する。

iOS/Android対応の無料の専用アプリ「CASIO WATCH+」で、スマートフォンと連携すれば「モバイルリンク機能」を利用できる。「モバイルリンク機能」は、世界309都市からインダイアルのワールドタイム設定や、ホームタイムとワールドタイムの時刻の自動修正、アラームなど時計の各種設定や針位置ズレの補正操作、ストップウオッチ機能と連動したスピード表示のベースとなる距離の設定変更、ストップウオッチデータのログ作成、携帯電話探索、新着メールの確認などの機能を備える。

電源はソーラー充電システム「タフソーラー」で、連続駆動時間はパワーセービング状態で約33か月。サイズは幅48.1×高さ14.1×奥行き52.0mmで、重さは約199g。カラーは、シルバー、ブラックの2色で、ブラックモデルにはIP(Ion Plating)処理を施した。税別価格は、シルバーモデルが4万円、ブラックモデルが5万円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング