恋愛には時間をかける

時間をかけて自分を大事にした行動をとっていると、恋の負けぐせは消えていきます。

最も「都合のいい女性」に認定されやすい理由は、女性がその場の雰囲気に流されて、すぐに男女の関係に至ることだからです。

「すぐ」だと軽い。だったら、すぐには応じなければいいのです。分かりやすいですね。

それと、潮凪さんの表現を借りると、質のいい男性の恋愛は「低温発火」なのだそう。

出会った段階では甘い感じは匂わせず、知人グループの中の一人、良き友人のようなポジションから出発して、だんだん関係をあたためていく。そういう恋のパターンが、信頼できるタイプの男性には多いと言います。かなり有力な情報と見てよさそうです。

このペースに合わせて、焦らずじっくり、いい関係を育ててみて。

まとめ

恋愛はファストよりスロー。最初から恋愛モードではなく、「恋の予感を感じさせる友達」というイメージで登場するのが最高に効果的!

まずは男女関係を外して考えても気持ちよくつきあえるような人間を目指し、そののちに関係をステップアップさせていけば、恋人としても尊重してもらえる。

人によってさまざまな愛のかたちがあるとは思いますが、どうか自分の価値をおとしめず、豊かな恋愛履歴だけを顔に残す! と誓っていただければ幸いです。

女性の生きにくさをちょっぴり軽くするコラムニスト。医療従事者向けの情報サイトでメディカルコミュニケーターを勤めたのち、『OKGuide』にて読者のあらゆる疑問・お悩みを解消に導くガイド記事を提供している。今や絶滅寸前の女子短大卒。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます