ダイソン、吸引力の高いロボット掃除機「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」を発表、2015年春の発売前にモニター募集

2014.9.5 19:26配信
「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」。左から、ニッケル/ブルー、ニッケル/フューシャ。

ダイソンは、サイクロン式ロボット掃除機「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」を2015年春に発売する。価格は未定。

16年間の研究開発を経て開発したロボット掃除機。「Radial Root Cyclone(ラジアルルートサイクロン) テクノロジー」によってゴミと空気を分離し、0.5μの微細なゴミまで捕らえる。高速で回転し、小型・軽量ながらパワフルな「ダイソン デジタルモーター V2」が、高い吸引力を実現する。

周囲360°を一目で見渡す独自の「360°ビジョンシステム」を搭載。周辺の特徴を把握し、三角法で自分の位置を特定することによって、部屋を3m四方の格子状に分けて、規則正しく掃除する。

クリーナーヘッドには、機体幅のモーター駆動ブラシバーを搭載し、一度でより広い範囲を掃除する。静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシがフローリングから微細なホコリを取り除き、硬いナイロンブラシがカーペットの奥からゴミをかき取る。

ベルト駆動式転輪は、あらゆる床面でスピードと方向を制御し、障害物を乗り越え、スムーズに進行する。電源はリチウムイオンバッテリで、稼働時間は20~30分。バッテリ残量が少なくなると自動的に充電器の場所まで戻り、充電が完了すると掃除途中の位置から掃除を再開する。

「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」本体を、スマートフォンやタブレット端末用のアプリ「Dyson Linkアプリ」で指示をしたり、スケジュールを予約したりできる。また、外出先で掃除の進行状況や結果を確認できる。ソフトウェアの自動アップデートにも対応し、必要に応じてトラブルシューティングや製品ガイドにアクセスできる。アプリは、iOS、Android端末に対応する。

サイズは、高さ約120×奥行き242×幅230mmで、重さは約2.4kg。カラーは、ニッケル/ブルーとニッケル/フューシャ。発売に先駆けて、日本の家庭環境でよりよく機能するように最終調整することを目的に、モニターを募集する。ウェブサイトで、9月30日23時59分まで応募を受け付ける。10月中旬までに当選者に連絡する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング