ソニー、コンパクトなマルチコネクトコンポ「CMT-X3CD」と「CMT-SBT40」でBluetoothとNFCに対応

2014.9.5 21:40配信
CMT-X3CD

ソニーは、デスクや棚など、さまざまな場所で使いやすいコンパクトなマルチコネクトコンポ「CMT-X3CD」「CMT-SBT40」を、10月18日に発売する。

Bluetooth 4.0に対応。スマートフォン/タブレット端末/携帯オーディオプレーヤー/PC/ゲーム機器などのBluetooth対応機器と接続して、ワイヤレスでさまざまなミュージックソースを楽しめる。NFC(近距離無線通信)によるワンタッチリスニングにも対応し、スマートフォンなどのNFC対応機器を本体にかざすことで、複雑なBluetoothペアリングを意識せず、簡単にワイヤレス接続できる。

CDやAM/FMラジオの再生に加えて、CDやラジオ、外部入力音声を録音でき、USBメモリやウォークマンへの録音に対応する。

「CMT-X3CD」は、ベッド脇やデスクなど、手の届きやすい場所にすっきり収まるシンプルなスピーカー一体型モデル。「Definitive Outline」をコンセプトにしたデザインで、インテリア空間に自然になじむ。音の広がりに配慮し、12辺のフレーム稜線を滑らかに面取りすることで、角部で音波が反射する回折現象を低減し、再生時の音の濁りを軽減する。

実用最大出力は20W(10W+10W)。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。税別の実勢価格は1万9000円前後の見込み。

「CMT-SBT40」は、スピーカーと再生機本体を分けたスピーカーセパレート型モデル。低域を含む豊かで迫力のある音楽を再生する。

本体とスピーカーを並べても、幅436mmとコンパクトなので、リビングボードやラックの上に幅を取らずに設置できる。スピーカーを横置きにすれば、本体の高さを揃えて上面がフラットな状態で設置できるので、高さ制限のあるスペースでも、すっきりと収まる。

実用最大出力は50W(25W+25W)。カラーは、シルバー、ホワイトの2色。税別の実勢価格は2万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング