江戸ねこ茶屋

両国駅広小路で開催される江戸風猫カフェイベント

江戸ねこ茶屋
6月15日~2018年8月31日 / 東京都 / JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」

浮世絵世界で猫と遊ぶ江戸版猫カフェ「江戸ねこ茶屋」が6月15日~8月31日の期間限定で開催される。場所はJR両国駅西口イベント広場。

両国と言えば「猫の恩返し(回向院の猫塚)」をはじめとして、猫と縁の深い街だ。今回のイベントコンセプトは『両国のとある江戸長屋の住民は、全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗きにくる』というもの。

長屋をモチーフとした建物の中は浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせ、江戸の街並みと雰囲気を表現する。猫用の出入口や通り道、階段などを配置し、江戸世界で生活する猫たちを、眺めたり、一緒に遊んだり、写真を撮ることができる新感覚の体験を提供する。

会場で触れ合える猫(イメージ)

◆建物の中には…
「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」「ねこ広場」といったゾーンが設けられている。浮世絵を使って江戸世界を再現しているのが特徴。会場内ではどこでも猫との写真を撮ることが可能。

使用した浮世絵の解説を通して、江戸から続く人と猫との深い関係を知ることができる。猫に関連するオリジナルグッズなどを購入できるコーナーも設ける予定。

両国の近隣施設とも連携し、「粋な江戸の食文化を楽しむ。」をコンセプトとした魅力ある和食専門店が集まる「-両国- 江戸NOREN」や「すみだ北斎美術館」とのキャンペーンも実施予定。

空前の猫ブームの裏で、保護猫の数は依然として多い。同イベントは問題への関心を高める一助となることを目指し、収益金の一部を保護猫問題解決のための活動支援金として寄付する。また、こうした考えに賛同した猫好きのアーティスも協力し、各限定一枚のオリジナル絵馬を制作する。

「江戸ねこ茶屋」

◆日時
2018年6月15日~8月31日
11:00~20:00(最終入場19:00)

◆場所
JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」(東京都墨田区)

◆入場料
・大人:1,500円(1,000円)
・中学生・高校生:1,200円(800円)
※60分/税込み
※カッコ内は前売りチケット料金
※前売りチケット販売期間:2018年5月10日~2018年6月14日
※延長料金:20分ごとに500円

◆注意事項
(注1) 猫を抱っこする、大声を出す、猫を追いかけるなどの行為はご遠慮ください。
(注2) 猫アレルギーが心配な方は入場をご遠慮ください。
(注3) 小学生以下のお客様はご入場いただけません。
(注4) 写真撮影時のフラッシュはご遠慮ください。
(注5) 飲食の持込み、ペットの同伴はご遠慮ください。

◆主催
江戸ねこ茶屋製作委員会

紹介者コメント・イベニアスタッフ

「江戸時代に猫カフェがあったら・・・と思わせる趣向ですね。住人が全員猫だなんて噂がたったら、それは江戸の住人の好奇心もくすぐられます。
長屋に広場、茶屋に遊郭まで、猫たちと一緒に楽しむことができますよ」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。

(2018/5/10 時点の情報)

日本中、そして世界の“面白いイベント”情報を探し出し、紹介することに拘るWebサイト『イベニア』。規模の大小を問わず、斬新な企画のイベント、思わず人におススメしたくなるイベント、とにかく変なイベントなどの情報が満載。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます