オーランド・ブルームとマイケル・ダグラスが、インディーズ映画『Unlocked(原題)』で共演することになった。

本作は、『ワールド・イズ・ノット・イナフ』のマイケル・アプテッドが監督するスリラーで、スウェーデン版『ドラゴン・タトゥーの女』のノオミ・ラパスの出演も決まっている。ラパスが演じるのは、テロリストに情報を提供するはめになるCIAの捜査官。ブルームとダグラスが演じるキャラクターはわかっていない。撮影は11月にスタートする。

ブルームの次回作は、この冬公開予定の『ホビット 決戦のゆくえ』。ダグラスは現在、マーベルのスーパーヒーロー映画『Ant-Man(原題)』を撮影中。ラパスは、現在開催中のトロント映画祭で上映された『The Drop(原題)』で、トム・ハーディ、故ジェームズ・ガンドルフィーニと共演している。

文:猿渡由紀

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます