西武ライオンズなど、スマートフォンで実況解説と試合映像が視聴できるサービス、西武ドーム来場者に提供

2014.9.9 17:42配信
ライブ映像視聴ページ(左)とリプレイ映像視聴ページの画面イメージ

西武ライオンズ、NTT、NTTぷらら、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)は、西武ドーム来場者へのサービスとして、複数のカメラで撮影したさまざまなアングルの映像をスマートフォン向けに配信する「マルチビュー映像配信サービス」のトライアルを、9月14・15日の試合で実施する。スタジアム内で専用の実況解説を聞きながらマルチビュー映像を視聴できる取り組みは、日本初。

西武ドームに来場し、手持ちのスマートフォンやタブレット端末を公衆無線LANサービス「Lions Wi-Fi」に接続することで利用できる。マルチビュー専用の元プロ野球選手の実況解説を聞きながら、試合のライブ映像やリプレイ映像を楽しむことができる。

カメラは、一塁側、三塁側、バックネット裏下段、バックネット裏上段に設置。好きなアングルの映像を自由に選択し、選手の表情や動きを見ることができる。実況解説者を映した映像や、テレビ中継と同じ内容の映像、見逃したシーンやもう一度見たいシーンをリプレイ映像で見ることもできる。「Lions Wi-Fi」によって、高品質の映像を配信する。

「マルチビュー映像配信サービス」のトライアルは、9月14・15日の埼玉西武ライオンズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの試合で実施。両日とも、試合開始は13時。当日は、実況解説を楽しむためのイヤホンを数量限定で配布する。

トライアルでは、「マルチビュー映像配信サービス」に関する利用者の評価や、技術検証を行う。結果を踏まえて、現在「Lions Wi-Fi」上で提供している対戦データやクイズ・ゲームとあわせて「スタジアム エンターテインメント サービス」として提供し、スタジアムの価値を高めていく。

NTTは全体コーディネートとトライアルの評価・検証、NTTぷららはマルチビュー映像配信システムの構築と運用、NTTBPは「Lions Wi-Fi」の運用を担当する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング