NEXX、デジタルペン「MyInk」の第2世代バージョン「NMIK-410」

2014.9.10 17:11配信
「MyInk」の第2世代バージョン

NEXXは、9月9日、デジタルペン「MyInk」の第2世代バージョン「NMIK-410」を発売した。税別価格は1万8300円。

レシーバーを用紙の上部中央に取りつけ、専用の電子ペンで紙に書き込むことで、その筆跡をそのままレシーバーに記録するデジタルペン。

ペンが紙に触れている時だけ電源をオンにして、レシーバーの両端に搭載した超音波素子との3点間測定でペンの位置を計算し、筆跡をデータ化してレシーバーに記憶する。記憶した筆跡データは、PCやiOSデバイスとのBluetoothまたはUSB接続時に、専用アプリ「WorldNote」経由で取り込むことができる。

「WorldNote」は、日本語/英語/中国語の認識に対応。文字や表、イラストなどを取り込むことができる。手書き文書を読みやすいレイアウトに整形するスタイリング機能や、テキスト編集画面から簡単に正誤補正を操作できる手書き補正機能を備える。

最新の第2世代バージョンでは、本文のハンドライティングと認識テキストの対応部分との関連づけを行い、キーワードや作成日時、変更日時などとともに同じファイルに保存するので、ノートの表示が手書きのままでも十分な検索性を実現する。また、より充実した認識テキストの編集機能を搭載している。

認識テキストページは、「WorldNote」ネイティブ形式で保存できるほか、WordやPDFへのエクスポートや、ブログ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への投稿にも対応する。

対応OSは、Windows 8.1/8/7、iOS 5以降。iOS版での手書き認識は、iPad上でのみ利用できる。デジタルペンは、サイズが直径12.0×長さ145.5mmで、重さは17.7g。レシーバーは、幅74.0×高さ11.3×奥行き27.68mmで、重さは27g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング