シュワルツェネッガー新作映画の予告編公開

2014.9.11 10:2配信
『サボタージュ』(C)2013 DEA Productions. LLC All Rights Reserved.

アーノルド・シュワルツェネッガーが、『エンド・オブ・ウォッチ』のデヴィッド・エアー監督とタッグを組んだアクション・サスペンス『サボタージュ』の予告編が公開された。これまで数々の強敵をブチのめしてきたシュワルツェネッガーが本作で相手にするのは、信頼する仲間たちを次々と殺していく“姿の見えない敵”だ。

新作『サボタージュ』予告編映像

シュワルツェネッガーが本作で演じるのは、、DEA(麻薬取締局)最強の特殊部隊を率い、麻薬戦争の“神”と称されるジョン・ウォートン。彼は麻薬カルテルへの奇襲作戦に成功し、敵を制圧するが、組織の隠し金1000万ドルがこつぜんと消え、ジョンの部下がひとりずつ惨殺されていく。

予告編は、年齢を重ねてパワーだけでなく“渋さ”も増したシュワルツェネッガーが演じるジョンが、チームを率いて麻薬組織に敢然と立ち向かっていくシーンが次々に登場。しかし、仲間がひとり、またひとりと狙われ、命を奪われ、ジョンは正体不明の敵を追って奔走するも、犠牲者は増え、チームの鋼の絆が崩れ去っていく過程が描かれる。彼らを狙う敵はどこにいるのか? チームの内部に裏切り者は存在するのか?

俳優復帰後、意欲的に映画づくりにまい進しているシュワルツェネッガーは、本作を手がけたエアー監督の手腕に信頼を寄せているようで「監督から頼まれたことはすべてやった。この映画に100パーセント没頭しているからね。この映画のために多くの時間を割き、準備し、訓練し、リハーサルした。何か月もだよ。『サボタージュ』はしっかり書かれ、うまく作られた作品だ。デヴィッド・エアーは素晴らしい監督であることを証明したよ。深く掘り下げ、シーンに入り込み、より良い演技を求める。俳優を限界まで追い込むんだ」とコメント。シュワルツェネッガーが“限界”まで挑んだ本作でどんな戦いを見せてくれるのか? 11月の公開が楽しみだ。

『サボタージュ』
11月7日(金)、TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング