パナソニック、4K対応デジタルビデオカメラ「HC-X1000」、1枚のSDカードに4k60p映像を記録

2014.9.11 19:7配信
HC-X1000

パナソニックは、4K60p撮影に対応したデジタル4Kビデオカメラ「HC-X1000」を、10月23日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は34万円前後の見込み。

世界初の、4K60p映像を1枚のSDカードに記録できるデジタルビデオカメラ。レンズには、ライカの3段階の厳しい認証工程を経た「ライカディコマーレンズ」を採用し、着脱できるレンズフードを備える。また、総画素数1891万画素の裏面照射型高感度CMOSセンサと、大量のデータの高速処理に対応した「クリスタルエンジンPRO 4K」を搭載し、動きの速いシーンでも歪みの少ない高精細の4K60p撮影を実現する。

四つのレンズ群それぞれの動作を、個別のモーターで制御する「4ドライブレンズシステム」によって、光学20倍ズーム、iAズーム40倍(フルハイビジョン撮影時)を実現するとともに、本体の小型化に成功した。

4Kで撮影した映像データは、フルハイビジョンにダウンロードすることで、高品位のフルハイビジョン映像として残すことができる。フルハイビジョン撮影時は、高いビットレートを選ぶことによって、解像感が高くノイズの少ない映像を記録できる。4K映像を静止画として切り出す「4Kフォト」機能を備える。

記録モードは、多彩なビットレート記録モードに対応。24pのシネマ4Kモード(解像度4096×2160)記録や、200Mbpsオールイントラでのハイビットレート記録、AVCHD記録モードなどを利用できる。さらに、NTSC方式(60Hz)とPAL方式(50Hz)の両方に対応する。

SDカードスロット×2基を搭載し、1枚のカードで通常の録画を行い、もう1枚をバックアップとして常時記録する「バックグラウンド記録」や、2枚のカードに同じデータを記録する「同時記録」、1枚目のカードがいっぱいになったら、自動でもう1枚のカードに切り替えて記録する「オートスイッチ記録」などの記録方式に対応する。

このほか、フォーカス、ズーム、アイリス(絞り)を操作する3連マニュアルリングや、プロ用マイクを接続できるXLR音声端子(キャノン端子)×2基、光量調整が可能なNDフィルター、タッチパネル対応3.5インチ液晶モニタ、0.45インチのチルト式カラービューファインダーを搭載。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANに対応する。

対応メディアはSDXC/SDHCカードで、UHS-Iメディアにも対応する。サイズは幅160×高さ170×奥行き315mmで、重さは約1550g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング