日本エイサーが4Kに対応した54.6型と48.5型の液晶モニタを発売

日本エイサーは6月19日、4Kテレビ放送に対応した液晶ディスプレイのEB0シリーズとして、54.6型ワイドの「EB550Kbmiiipx」を6月21日、48.5型ワイドの「EB490QKbmiiipfx」を6月28日に発売すると発表した。価格はオープンだが、税別の実勢価格は、EB550Kbmiiipxが10万円前後、EB490QKbmiiipfxが7万円前後。

4Kテレビ放送の視聴に必要なHDCP2.2対応のHDMI2.0端子のほか、HDMI1.4端子、DisplayPort 1.2など豊富な入力端子を搭載している。テレビ視聴やゲームプレイなど、さまざまな用途を高精細で鮮明な映像で楽しめる。「スーパーシャープネス・テクノロジー」の搭載で、画素を自動的に補正して自然で鮮明な映像を映し出す。HDR 10の対応で、映像では明るい部分と暗い部分どちらの階調もくっきりと自然で深みのある映像表示が可能。「フリッカーレス・テクノロジー」によって、ブルーライトを軽減している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます