リコー、防水アクションカメラ「RICOH WG-M1」とオリジナル腕時計「WG Watch」

2014.9.11 19:10配信
RICOH WG-M1

リコーイメージングは、防水・耐衝撃性能を備えたデジタルカメラ「WG」シリーズの新製品として、水中やアウトドアシーンで臨場感溢れる超広角の高画質映像を撮影できる防水アクションカメラ「RICOH WG-M1」とWGオリジナル腕時計「WG Watch」を、10月中旬に発売する。

「RICOH WG-M1」は、水深10mの防水性能と高さ2mからの耐落下衝撃性能、マイナス10℃の耐寒性能を備えた防水アクションカメラ。35mmフィルム換算で約16.8mm、明るさF2.8の超広角レンズで、遠近感が強調された迫力のあるフルHD動画撮影や高精細の静止画撮影、約10コマ/秒の高速連写に対応する。最大画角は、静止画が約160°(4:3/ワイド時)、動画が137°(1280×960時)。

有効約1400万画素の1/2.3型CMOSセンサ、1.5型のカラー液晶ディスプレイ、無線LAN機能などを搭載する。記録方式は、静止画がJPEG、動画がMOV/H.264、30fps/50fps/60fps/120fps、音声がPCM方式・ステレオ音声つき。記録媒体はmicro SDHC/micro SDカードで、約100MBのメモリを内蔵する。電源はリチウムイオンバッテリで、静止画は約350枚、動画は約150分撮影できる。

スマートフォンやタブレット端末に専用アプリ「WG-M1」をインストールすることで、撮影画像の確認やシャッターを切るなどのリモート撮影、各種機能設定ができる。動画撮影時には録画中の映像をリアルタイムで確認できる。また、撮影した動画や静止画をスマートフォンやタブレット端末で閲覧・保存できるので、アプリ内で取り込んだ動画の編集や静止画の加工も簡単だ。

サイズは、幅約66.5×高さ42.5×厚さ89.5mmで、重さは約190g。カラーはブラックとオレンジ。カメラを固定して撮影できる別売の各種アクセサリと組み合わせることで、アクションカメラとしてさまざまなスポーツシーン、アウトドアシーンで活躍する。価格はオープンで、税別実勢価格は3万円台後半の見込み。

「WG Watch」は、本格防水デジタルカメラ「WG」シリーズの楽しさを広げる新たなアウトドアツールとして誕生。製造はリコーグループで長年時計の製造販売の実績があるリコーエレメックスが行い、デザインは歴代の「WG」シリーズデジタルカメラを手がけたデザイナーが担当した。

10気圧防水(日常生活用強化防水)をはじめ、耐久性にすぐれたステンレスケースやサファイアガラスの採用、夜間活動に便利な外部照明用LEDライト、水洗い可能で服の上からも巻くことができるNATOタイプのナイロンバンドなど、アウトドア用途に適したスペックをもつ。非接触(無接点)電磁誘導充電方式を採用し、専用充電器の上に置くだけで簡単に充電できる。

サイズは、横43.0(リュウズ除く)×縦48.0×厚さ14.3mmで、重さは約84g。カラーは、オレンジ、ブルー、ブラックの3色。税別価格は3万7000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング