イベントで理想の身体について語ったダレノガレ明美

 タレントのダレノガレ明美が20日、都内で行われた「新・RIZAP発表」会見に出席した。

 RIZAPが今回新たに提案する「RIZAP ボディスタイリング」は、痩せるだけではなく「今よりイイカラダ・もっと理想の身体」に近づくため、専属トレーナーと二人三脚でボディスタイリングをしていくプログラム。

 女性は「9種類のボディスタイル」から自分の好きなスタイルを選べるそうで、ダレノガレが選んだのは、曲線美と肉体美を兼ね備えた「LAエンジェルボディ」。「後ろから見た時に背中からお尻にかけてのラインがキレイなS字の女性になりたい。みんなから憧れられるような“アコガレラレ明美”になりたいです」と笑顔で意気込んだ。

 ダイエットのイメージが強いRIZAP。スレンダーな体型のダレノガレも、最初にオファーを聞いた時は「事務所に『一回、おデブちゃんにならないといけないの?』って聞いたら『今のカラダから変わるんだよ』って言われて、想像がつかなかった」と振り返った。5月からプログラムに取り組み、「体脂肪が19ぐらいから15ぐらいに下がってびっくりした。身体がまだまだ変わるのを感じてこれからが楽しみになりました」と声を弾ませた。

 トレーナーからは逐一、食事指導も入るそうで「『3食ちゃんと食べなさい』と言われるのがきつかった。あまり朝食が得意でなくて、大好きなお菓子だけで一日過ごしたりしちゃうこともあったので…」と苦笑。それでも、トレーナーからの長文メールに励まされているといい、「今は体重が43キロ。トレーナーさんに『あと2、3キロ増やします』と言われています。ただガリガリだと魅力がないので、セクシーになってモテたい。めっちゃモテたいです。がっついてますね」と恋愛にも意欲を見せていた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます