サイバーリンク、Windows/Mac対応の写真編集ソフト「PhotoDirector 6」、新たに100のカメラ/レンズプロファイルに対応

2014.9.18 20:32配信
PhotoDirector 6

サイバーリンクは、WindowsとMac OSの両方に対応した写真編集ソフトの最新版「PhotoDirector 6」のダウンロード版を9月17日に発売した。パッケージ版は10月10日に発売する。

新機能として、複数の写真からパノラマ写真を作成する機能や、複数の写真から最もよい笑顔を選んで、集合写真の顔を差し替える機能などを備える。

写真編集機能は、マウスでなぞるだけで肌の質感を滑らかにする機能、写真のなかの不要なものを周囲に合わせた自然な背景で補填して削除する機能、露出値の異なる最大5枚の写真から深みのある1枚の写真をつくるHDR機能、写真内の境界線を認識して背景と写真を切り分けて取り出す機能など、多彩な機能を搭載する。

各種レンズのプロファイル情報から、レンズ固有の色収差、周辺光量、歪曲の自動修整ができる。レンズプロファイルは、「DirectorZone」からダウンロードして追加できる。また、写真編集プロジェクトの「サイバーリンク クラウド」へのバックアップに対応。Windows 8やAndroid搭載タブレット端末に対応した「PhotoDirector Mobile」が付属する。対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista、Mac OS X 10.6.8以降。

ラインアップは、「PhotoDirector 6 Suite」「PhotoDirector 6 Ultra」「PhotoDirector 6 Deluxe」の3種類。

「PhotoDirector 6 Suite」には、色彩やトーンを整えて映像の世界観をつくり出すカラーグレーディングソフトの最新版「ColorDirector 3」が付属する。税別価格は、「ダウンロード通常版」が1万4796円、「ダウンロードアップグレード版」が9241円。

「PhotoDirector 6 Ultra」は、「サイバーリンク クラウド」10GB分の1年間使用権が付属する。ダウンロード版の税別価格は、「ダウンロード通常版」が9074円、「ダウンロードアップグレード版」が6296円。パッケージ版の税別価格は、「通常版」が9200円、「乗換え・アップグレード版」が6500円、「アカデミック版」が5500円。

「PhotoDirector 6 Deluxe」は「ダウンロード通常版」のみで、税別価格は4611円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング