RX100 VI

ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」の新製品として、新開発の24-200mmズームレンズと高速AFを搭載し、高速連写を実現した「RX100 VI」を6月22日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は14万円前後の見込み。

ポケットに収まるコンパクトサイズながら、焦点距離9-72mm(35mmフィルム換算で24-200mm相当)の新開発「ZEISS Vario-Sonnar(バリオ・ゾナー) T* 24-200mm F2.8-4.5」ズームレンズと、大型・メモリ一体型の有効約2010万画素「Exmor RS」CMOSセンサ、高速画像処理エンジン「BIONZ X」を採用したプレミアムコンパクトデジタルカメラ。12群15枚のズームレンズを備えつつ、8枚の非球面レンズを効果的に配置し、全群をズーム可動させることで小型化を実現した。

焦点距離100mm相当でも、開放F値をF4に維持できるので、ポートレート時の背景ぼかしや高速シャッターで手ブレを防げるほか、200mmの望遠域で4段分の補正効果を実現する光学式手ブレ補正機能や進化した画像補正アルゴリズムによって、望遠や暗所でも手ブレを抑えて撮影できる。

RX100シリーズとして初めて、「α6500」や「RX10 IV」と同じ高密度AF追従テクノロジーを搭載し、動体の追従性能を大幅に向上。像面位相差検出AF方式とコントラストAF方式を併用する「ファストハイブリッドAFシステム」とレンズ駆動制御の最適化によって、AF速度は世界最速の0.03秒を実現した。最高毎秒24コマの高速連写も可能で、新たに連写した静止画のグループ表示やグループ単位での削除に対応した。

このほか、タッチフォーカス機能、タッチパッドAF機能、高解像度4K動画撮影、4K HDR撮影に対応しており、RXシリーズ初のタッチシャッターに対応したチルト可動式液晶モニタ、ワンプッシュアクセス収納式電子ビューファインダー「XGA OLED Tru-Finder」、静止画の撮影枚数を増やすモニタ自動オフ機能、精緻なピント合わせを実現するピーキング機能など、さまざまな機能を備える。

対応メディアは、メモリースティックデュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックPROデュオ(High Speed)、メモリースティックPRO-HGデュオ、メモリースティックマイクロ、メモリースティックマイクロ(Mark2)、SDXC/SDHC/SDカード。サイズは幅101.6×高さ58.1×奥行き42.8mmで、重さはバッテリ、メモリカード込みで約301g、本体のみは約274g。

別売アクセサリとして、8月下旬に、RX100シリーズと「RX0」と一体感のあるデザインで、気軽に持ち運び、自由度の高いアングルで撮影可能なシューティンググリップ「VCT-SGR1」を発売する。税別価格は1万円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます