ソフトバンクモバイル、「スマ放題」の「データくりこし」を拡充

2014.9.22 13:2配信

ソフトバンクモバイルは、新料金プラン「スマ放題」とともに開始した「データくりこし」の対象サービスを10月1日に拡大する。

「スマ放題」は、国内音声通話無料の基本プランと、これまでよりも細分化した「データ定額パック」を組み合わせた新しい料金プラン。余った容量を100MB単位で翌月に繰り越して使える「データくりこし」は、当初は「家族データシェア」「2台目データシェア」「法人データシェア」「U25ボーナス」適用時は対象外だったが、10月1日以降は適用されるようになる。「データくりこし」対象サービスは、データ定額パックの5/10/15/20/30GBプランと、10GB以上の法人データシェア専用パック。

また、11月1日以降、「データ定額パック」の上限を超過した際に購入した追加データ容量の利用期間を、購入月の請求月末から、購入月の翌請求月末に延長する。

ソフトバンクモバイルは、他社に対抗するためにキャンペーンの内容を積極的に見直している。他社の携帯電話を下取りして通信料金を割り引く「のりかえ下取りプログラム」は、開始前日の9月18日に内容を一部変更。MNPを利用すると、通信料割引などの特典をプレゼントする「のりかえ割」と併用できるようになり、一部の機種は下取り金額を増額した。また、当初は新料金プラン「スマ放題」加入が条件だったが、従来の「ホワイトプラン」(11月30日で新規申込み受付終了)に加入した場合も適用する。

機種変更向けに、下取りと引換えに料金を割り引く「タダで機種変更キャンペーン」も、一部機種の割引額を増額した。キャンペーン実施期間は12月14日までだが、割引額の増額は10月31日までの期間限定。このほか、最新機種「iPhone 6/6 Plus」などの販売促進のために、さまざまなキャンペーンを実施している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング