韓国ミュージカル『女神様が見ている』日本公演開幕! キャストがアピール「お客様が女神様」

2014.9.22 16:20

韓国創作ミュージカル『女神様が見ている』が9月20日、東京・世田谷パブリックシアターで幕を開けた。終演後には、キャストによる会見が行われた。

『女神様が見ている』日本公演キャスト
拡大画像表示

昨年、多くの観客に支持され、韓国ミュージカル大賞最優秀脚本賞を受賞するなど、最も高い評価を受けた創作ミュージカル『女神様が見ている』が日本上陸。9月20日、東京・世田谷パブリックシアターで幕を開けた。

朝鮮戦争を背景に、対立する韓国軍と北朝鮮軍の兵士6人が、漂着した無人島から脱出を試みるうち、“島にいる女神様がみんなを見守っている”という作り話によって次第に心をひとつにしていく様子に観客はどんどん引き込まれていく。コミカルな味を交えつつ、彼らの深い思いが伝わってくる舞台は、最後には劇場を感動で満たし、多くの観客の涙を誘った。

終演後には、出演者による会見が行われた。7月末までソウルで3か月間、ともに舞台に立ち、息の合った演技を見せたメンバーたち。舞台衣装のまま登場した彼らは、日本公演への思いや意気込みを語った。

リュ・スンホ役 チョン・ソンウ
拡大画像表示

心を病んだ北の兵士スンホ役のチョン・ソンウは「去年公演して以来、1年ぶりにまた日本に来られて嬉しいです。今回も楽しい時間を皆様と過ごしたいです」とコメント。北の兵士ドンヒョン役のユン・ソクヒョンは「この作品のメッセージを皆さんに伝えられたら。劇場が満席になれば嬉しいです」と述べた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント