アンヌ=ルイ・ジロデ・ド・ルシー=トリオゾンの工房「戴冠式の正装のナポレオン1世の肖像」を鑑賞する高橋一生

 俳優の高橋一生がオフィシャルサポーターを務める「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」が、東京・六本木の国立新美術館で開催中だ。本展の音声ガイドも務めた高橋は、3月に渡仏し、ルーブル美術館を訪問。「顔」にフォーカスした絵画や彫像に触れる中で、高橋が感じ取ったものとは…。インタビューを通して、高橋が「肖像芸術」に抱いた率直な思い、「表現」する者として、「顔」や「表情」をどのように捉えているのか、その考えも聞いた。

-今回、美術展の“オフィシャルサポーター”という大役に就任された気持ちを教えてください。また、収録に当たって何か意識されたことはありましたか。

 「高橋一生にやらせたい」と思ってくださった以上は、「高橋一生がどのようにやるのがベストなのか」を考えましたし、会話の中で感じた「こういうことを望まれているんだろう」ということは、もちろん加味して臨みました。確かに大役ですが、だからといって縮こまってしまうと、きっと望んでもらったものが出ないので、フラットに受け止めました。「こういうふうにしていかなくては」という気概はあまりなくて。「望んでくださったこと」プラス「望まれたこと以上」をサポーターとしてできるようにと考えました。

-注目してほしいポイントはありますか。

 (担当した音声ガイドを聞いて)「僕の声で眠くならないように…」というのは2月の記者発表で言った通りですが、最後のボーナストラックは、僕の感想を話しています。そこは自分の感じたままのことを自由にしゃべりました。見終わった後に、そこを聞いてもらったら、裏側みたいなものを知れて面白いかもしれません(笑)。

-今日初めて国立新美術館で展示構成をご覧になったそうですが、いかがでしたか。

 作品群はほとんどルーブルで見せてもらったものですが、展示する場所によって雰囲気も変わるのが面白いです。本家のルーブル美術館は、それ自体が美術品のようだと感じました。空間がある意味全て額みたいなものなので、感じ方としては良くも悪くも対象がスッと入ってくるんです。一方、これだけモダンな建物の中で展示されていると絵画も彫像もディテールが際立つ。場所によって捉え方が変わるんだな…と今日見ていて思いました。

-記者発表会見では、フランツ・クサファー・メッサーシュミットの「性格表現の頭像」をお気に入りの作品として挙げていましたが、他に気になる作品はありましたか。

 ルーブル美術館では「最後の晩餐」 がとても良かったです。舞台の一場面を見ている感覚でした。あと「モナ・リザ」も素晴らしかったです。見れば見るほど謎が多いというか、想像する域が広い作品だと思いました。

-高橋さんは「役者として顔の表現にとても興味がある」とおっしゃっていましたが、今回実際に展示をご覧になって、どのようなインスピレーションを受けましたか?

 何においても言えることですが、どうしても「分かりやすいもの」「ガイドが入っているもの」が重宝されがちです。しかし「表情」をあえて自分で前面に出すということは、果たして(役者の)表現として正しいことなのだろうか…と、常々疑問に思っていました。そして今回、もう一度「これでいいんだ」と思い直すことができました。

-具体的には?

 表現された結果のもの、例えば絵画にしても、無形の僕らの芝居においても、(作者としては)「伝わっただろうか」とか「分かってもらえただろうか」といった不安な気持ちがあるものです。けれど改めて「どう捉えてもらっても構わない」という感覚になりました。さらに「期待しなくなった」というか…。そうしないと、きっと自分の「初期衝動」ではないものを出してしまう可能性が出てくるし、間違って伝わってしまっても困ってしまう。「初期衝動」で出たものの方が人に伝わりやすいと思うんです。(人の)意見は大事ですけれど、いろんな意見を聞いているうちに自分ではないものや、本題ではないものが出てきてしまうことは、とても苦しいことだと思っているので。それこそ「モナ・リザ」とか「美しきナーニ」を見て、作者は「どういう思いだったんだろう?」と考えたりもしますが、鑑賞する側としても、自分から出す側(役者)としても、共有を前提としなくなりました。

-役者として感じる部分はたくさんあったようですね。

 はい。想像の可動域みたいなものを常に広く取っておきたいとは思いました。自分が表出するときも、受け取るときも、答えを一つに絞らないようにしたいです。しばらくたってから気づくこともあると思いますので。

-今回は「顔」にフォーカスしたものが多く展示されていますが、表現活動において参考になったこと、これから挑戦してみたいことはありますか。

 「顔」にフォーカスを当てると、逆説的なこともできると思うんです。例えば、ものすごく怒っている顔をしているのに、実は喜んでいる…という表現がきっとどこかにある。そういった逆説的な表現も、自分の中に生かせるんじゃないかと思いました。ものすごく説明的に見えて、実は何も説明していないとか…。そういった、見てくださる方にも面白がってもらえるものを自分で作り出していきたいです。いい意味で期待を裏切っていくスタイルもあると思います。

(取材・文・写真/山中京子)

「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」

【東京展】会期 2018年 5月30日(水)~9月3日(月)
場所 国立新美術館 企画展示室 1E(東京・六本木)
東京展展覧会HP http://www.ntv.co.jp/louvre2018

【大阪展】会期 9月22日(土)~2019年1月14日(月・祝)
場所 大阪市立美術館
大阪展展覧会HP  http://www.ytv.co.jp/louvre2018/

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます