月組・龍真咲により、あの名作が100周年に蘇る!

2014.9.24 14:15配信
龍真咲  撮影:奥村達也 龍真咲  撮影:奥村達也

涼風真世を中心とした月組で1992年に初演され、再演の呼び声が高かったミュージカル『PUCK(パック)』が、以前より作品の大ファンだったという龍真咲(りゅう・まさき)率いる月組により22年ぶりに再演される。

宝塚歌劇月組『PUCK(パック)』チケット情報

「入団する前、CDを繰り返し聴いていて、セリフも全部言えるくらい好きだったんです!パック役でなくても、いつか『PUCK』に出演したいと思っていたので、今はすごく幸せです。老若男女楽しめる作品で、子どもの頃の気持ちを思い出させてくれたり、幕開けから一瞬にしてファンタジーの世界に引き込まれるところが大好きです」

本作は、シェイクスピアの『真夏の夜の夢』をモチーフに、人間に恋をした妖精パックが愛を得るために大活躍し、人間になるまでをコミカルに描いた作品。パックを演じるにあたっては、涼風からもアドバイスを得た。「最初は、妖精だから想像の世界でしか作れないなと思っていたんですが、涼風さんに『舞台上で気持ちを込めて演じれば、あなたは妖精であり、パックになれるのよ』って仰っていただいて。初演は、演出の小池(修一郎)先生が当時演じられた方々に当てて書かれていたので、私たちはその作られたキャラクターに入り込むことを大切にしながら、新しく作り上げていきたいと思っています」

また、第2幕のショー『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』は、“ショーはイメージの結晶”というコンセプトのもと、情熱、虹、夢などさまざまな結晶のシーンを展開。「王道のショーを楽しんでいただけると思います。デュエットが久しぶりにしっとり系で、曲が激しくない分、ふたりの中から生まれるものを大切にしたいです。プロローグでの客席下りや、大人数で見せる壮大な場面もあり、月組のパワーを感じていただけたらと思います」

月組は、昨年アニバーサリーイヤーとされた99周年の幕開けを宝塚大劇場公演でスタート。100周年の節目となった今年4月には宝塚大劇場にて記念公演を務め、本作の東京公演で100周年を締め括る。「いろんな節目に立ち会わせていただいて、責任感や緊張感が高まることも多かったですね。100周年を経て、これからどういうふうに宝塚歌劇の伝統を受け継いで、ファンの皆様に楽しんでいただくかを考えながら、どんどん追求していきたいです」

公演は9月26日(金)から11月3日(月・祝)まで兵庫・宝塚大劇場にて。11月21日(金)から12月27日(土)まで東京宝塚劇場にて上演される。チケットは宝塚大劇場公演は発売中。東京宝塚劇場公演は10月19日(日)より一般発売開始。

取材・文:黒石悦子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング