ハンファQセルズジャパン、LEDインテリア防水ライト「UP-INTLEDシリーズ」、コンセプトは日本のやさしい灯り

2014.9.24 15:28配信
UP-INTLED-SS

ハンファQセルズジャパンは、日本のやさしい灯りをコンセプトにしたLEDインテリア防水ライト「UP-INTLEDシリーズ」を発売した。

IPX4相当に対応したLEDインテリア防水ライト。「form・かたち」「function・機能」「free・自由」「kindness・やさしさ」の思いをかたちにした。

「form・かたち」として、日本のやさしい灯りをコンセプトに、雪洞(ぼんぼり)、行燈(あんどん)、提灯(ちょうちん)をモチーフにしたデザインをラインアップ。4段階の明るさ調整、7種類の点灯色、2種類の色調の設定に対応する「function・機能」を備える。

「free・自由」は、IPX4相当の防水と内蔵バッテリによって、リビングからシャワールームまで置き場所が選択できる機能、「kindness・やさしさ」は、日本語リモコンで離れた場所からすべての操作ができることを表す。

サイズは、「雪洞(ぼんぼり) UP-INTLED-SS」が15.0×15.0×16.0cmで、本体の重さが約340g。「行燈(あんどん) UP-INTLED-CS」が10.0×10.0×17.5cmで、重さは約350g、「提灯(ちょうちん) UP-INTLED-LS」が21.0×21.0×26.5cmで重さは約570g。充電ベース、リモコン、充電ケーブル、充電アダプタが付属する。

税込み価格は、雪洞(ぼんぼり)と行燈(あんどん)が4980円、提灯(ちょうちん)が5980円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング