パナソニック、テープレコーダーのような感覚で使えるICレコーダー「RR-SR30」

2014.9.24 18:18配信
RR-SR30

パナソニックは、カセットテープ型デザインのICレコーダー「RR-SR30」を、10月17日に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は9000円前後の見込み。

懐かしいカセットテープレコーダーのような感覚で使えるICレコーダー。カセットテープに親しんできた人やICレコーダーを初めて使う人が、わかりやすく、簡単に操作できる。

ボタンをテープレコーダーのように配置。画面の文字は、大きく見やすい。録音・再生時には、画面に表示するリールハブのイラストが回転し、録音・再生していることがひと目でわかる。

シンプルでコンパクトながら、ステレオマイクとスピーカー2個(モノラル再生)を搭載。内蔵メモリ容量は8GBで、標準モードで約90時間、長時間モードで約180時間録音できる。市販のオーディオコードを使ったダビングに対応する。

録音した日付で検索できる「日付検索機能」や、0.7倍速の「遅聞き機能」、1.5倍速の「早聞き機能」、操作時の内容や設定した情報がわかりやすい「音声ガイド」を搭載する。

電源は単4形アルカリ乾電池2個。サイズは、幅109.9×高さ70.5×奥行き23.6mmで、重さは約106g。カラーはシルバー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング