【TDSハロウィーン】パークの植物も宝物! マニアが伝授「おさんぽディズニー」満喫ポイント

植物を眺めながらのんびりパークを歩くのが好きなD*MANIAライターが、ハロウィーン一色の東京ディズニーシーの魅力を紹介します。秋ならではの植物や装飾なら、ロストリバーデルタと、メディテーレニアンハーバーの「サンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」付近は見逃せません。

©Disney

植物を眺めながらのんびりパークを歩くのが好きなD*MANIAライターが、ハロウィーン一色の東京ディズニーシーの魅力を紹介します。

秋ならではの植物や装飾なら、ロストリバーデルタと、メディテーレニアンハーバーの「サンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」付近は見逃せません。

 

わたしにとってパークの植物たちはきらきら輝く「たからもの」!

アトラクションやショーだけじゃない!

四季折々のパークが見せる美しい姿を、のんびりまったり、おさんぽしながら楽しんでみませんか?

パークにはなんと約6000種類、約64万株以上の草花や樹木があり、一年を通して様々な姿で私たちゲストを楽しませてくれています。

鳥や虫が種子を運んできて、自生したものもあるのだとか。

パークはわたしたちゲストだけではなく、花や樹木ものびのびと楽しく生きている幸せな場所なんですね。

わたしは、そんな風景を見つけるのが大好きで、晴れの日も雨の日も、のんびりとパークを歩くようになりました。

見つけようとしなければ見えてこない、小さな宝探し。わたしにとって、パークの植物たちはきらきら輝く「たからもの」なのです。

今回は、ハロウィーンで賑わう東京ディズニーシーから、秋らしいすてきな植物たちを紹介します。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント