D・フィンチャー監督『ゴーン・ガール』新映像公開

2014.9.25 11:00配信
『ゴーン・ガール』(C)2014 Twentieth Century Fox

『ドラゴン・タトゥーの女』『ソーシャル・ネットワーク』のデイヴィッド・フィンチャー監督の最新作『ゴーン・ガール』の新たな予告編が公開になった。結婚5年目を迎え、誰もが幸福だと思っていた妻エイミーはなぜ姿を消したのか? そして夫のニックとの間に隠された秘密とは?

『ゴーン・ガール』新映像

本作は、アメリカだけで600万冊を売り上げたギリアン・フリンの同名小説をベン・アフレック、ロザムンド・パイクをキャストに迎えて映画化したもの。結婚5周年の記念日に妻のエイミーが姿を消し、夫のニックはその行方を捜す。ところが警察の捜査で、リビングで何者かが争った形跡があり、キッチンからはエイミーの血痕が見つかる。ニックがエイミーを殺したのか? 夫婦の間に一体、何があったのか? 事件の模様はカメラを通して街の外にまで報道され、夫婦の秘密が次々に明らかになっていく。

このほど公開された予告編ではニックは“国中で最も憎まれている”と告げられ、街の人々やマスコミから疑惑の眼を向けられるが、本人は無罪を主張し続ける。しかし、次々に手がかりが見つかり、さらには消えたエイミーの日記まで発見される。加熱する報道合戦と街の人々の駆け引きが描かれるのと並行して、ニックとエイミーのかつての暮らしが描かれる。誰もがうらやむカップルに見えた夫婦にしのびよる“影”が次第に濃くなっていくのにつれて、予告編の緊迫感も高まっていく。

謎がギッシリとつまった本作の結末が一体、どうなるのか予告編から想像するのは難しいが、ポスター画像には“本当に大切なものはいつも失って初めてわかる”というコピーが掲載されており、このフレーズも事件の全貌を解き明かすカギになりそうだ。

『ゴーン・ガール』
12月12日(金)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング