コジマが店舗でお酒の販売を開始

ビックカメラグループのコジマは、お酒の新規取扱に踏み出した。まずは、コジマ×ビックカメラ 新座店で6月30日に開始する。

国内外のビールをはじめ、ワインやウイスキー、日本酒や焼酎など、地域最大級となる約3000種類のお酒を揃える。とくに、ビールは約100種類の海外ビールやクラフトビールを用意。ワインについては、金賞受賞ワインをメーカー希望小売価格の半額で販売するなど、高品質な商品をリーズナブルに購入できる一方、10万円以上の高級品も取り扱う。このほか、おつまみ類やソフトドリンクも販売する。なお、家電製品の購入で貯まったビックカメラグループのポイントを、お酒の購入でも使うことができる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます