奥田庸介監督の最新作『クズとブスとゲス』特報解禁

2014.9.26 10:16配信
『クズとブスとゲス』

『青春墓場』『東京プレイボーイクラブ』の奥田庸介監督の最新作『クズとブスとゲス』の特報映像が解禁になった。日陰で生きる男女の姿を強烈な描写を交えて描いた群像劇で、海外の映画祭でのプレミア上映も視野に入れ、現在、制作が進められている。

『クズとブスとゲス』特報映像

『青春墓場』シリーズが、ゆうばりファンタスティック映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、ロッテルダム映画祭などで高く評価され、前作『東京プレイボーイクラブ』では大森南朋、光石研、臼田あさみとタッグを組んだ奥田監督の新作が完成に向けて最終段階に入っている。新作は、さびれた街を舞台に、卑劣な売人の男、ヤクザの下で働く女、バーの常連客でひょんなことから大麻の運び屋をやらされることになった男など、クセのある男女のドラマが次々に絡み合い、彼らの運命が交錯していく様を描くという。

このほど公開された特報映像は、劇中に登場するキャラクターたちの表情が次々に映し出されるシンプルな構成だが、その合間にはテーブルの上に置かれた白い粉や、血まみれの指、暴力シーンが一瞬だけ挟み込まれている。たった30秒の映像だが、観る者を作品世界にグッと引き込む強烈な映像だ。

本作はすでに撮影を終えており、現在、仕上げ作業中だが、引き続き、日本とアメリカのクラウドファンディングサイトで本作の製作資金を募集している。また、9月28日(日)の22時からと、30日(火)の23時30分からニコニコ生放送で、本作の主演を務める板橋駿谷が登場する番組が放送される。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング