普段からビールをよく飲む私たち『ビール女子』にも今後「結婚・妊娠・出産」が待っているかもしれません。

日常的にビールを飲む私たちだからこそ気になる<アルコールと妊娠の関係>を、行動派産科医として数多くのプロジェクトを通して妊産婦の方に関わられている竹内正人先生にお話しを伺う本企画。前回は妊娠中のアルコール摂取のリスクについてお話を伺いました。

今回はこれから妊娠する可能性のある方、また、すでに妊活中の方はどういったことに気をつければよいのか? 妊活中に絞ってお話を伺います。
 

適量を楽しむことが大切

普段、日常的に飲み会などの機会もあるのですが、「これから妊娠したいかも」と思う女性にとってアルコールのリスクとは? 

「“妊娠する”ことにおいて、一番の問題はセックスレス。これが一番妊娠確立を下げている。」と仰る竹内先生。

確かに、まだ妊娠していないカップルにおいて、アルコールがときにコミュニケーションツールとなることもあります。そういった“副次的”なアルコールの効果も考えると、中々影響やリスクを計りきれないということもあるのだとか。

また、自然な受精において、体内にアルコールが蓄積されたせいで妊娠できないというリスクは低い、ともいう一方で、体外受精においてアルコールの接種率により治療成績にマイナスの影響を及ぼすとする研究結果[i]もあるとのことで、適量を楽しむことが大切といえそうです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます