ソニー、Bluetooth機能を搭載したヘッドホン一体型ウォークマン「NW-WS615」など

2014.9.26 17:35配信
NW-WS615

ソニーは、Bluetooth機能を搭載したヘッドホン一体型「NW-WS615」など、ウォークマン新製品を11月8日に発売する。

「NW-WS615」は、IPX5/8の防水性能を備える小型・軽量なヘッドホン一体型ウォークマン。新たにBluetooth機能を搭載し、内蔵メモリに保存した音楽を再生する「ウォークマンモード」に加え、スマートフォンに保存した音楽をワイヤレス再生できる「ヘッドホンモード」を備える。

本体に保存した音楽を再生しながらスマートフォンのアプリケーションを同時に使用できる「サウンドミックス機能」を搭載。ランニング中に、ランニングアプリケーションなどから経過時間や走行距離を通知する音声が流れる際には自動で再生中の音楽のボリュームが下がり、アプリケーションの音声をしっかり確認できる。

音楽の再生や停止、選曲などが指先で操作できるリングタイプのリモコンが付属。ランニングの際などの操作性が大幅に向上した。IPX5の防水に対応し、汗などで汚れた際は、水洗いができる。

スマートフォンから操作できるAndroid/iOS用アプリ「SongPal」に対応し、ウォークマンの曲やアルバム名を確認しながら、スマートフォンから快適に選曲・音質設定ができる。

マイクを内蔵し、スマートフォンでの通話時にヘッドセットとして使用できる。着信の操作はリングタイプリモコンからも可能。NFC(近距離無線通信)で、より簡単に音楽再生やハンズフリー通話が利用できる。

内蔵メモリ容量は16GB。電源は、内蔵リチウムイオン充電式で、音楽再生時間は、Bluetoothオフ時が約8時間、Bluetooth再生時が約4時間。重さは約37g。カラーはブルー。リモコン、USBクレードル、イヤーピース(S/M/L/LL)、水泳用イヤーピース(S/M/L/LL)、調整バンド、ホルダーが付属する。

価格はオープンで、税別実勢価格は1万9000円前後の見込み。ソフトケース「CKS-NWWS610」は別売で、税別実勢価格は3000円前後の見込み。

同時に、最大約77時間のスタミナ音楽再生を実現したSシリーズの新製品「NW-S14」「NW-S15」、スピーカーが付属する「NW-S14K」「NW-S15K」を発売する。Sシリーズとして初めてaptXコーデックに対応。aptX対応の機器とBluetooth接続することで、高音質で低遅延でのワイヤレス音楽再生ができる。カラーは、それぞれ、ビビッドピンク、ブルー、ホワイト、ライトピンク、グリーン、ブラックの6色。

価格はオープンで、税別実勢価格は、容量8GBの「NW-S14」が1万5000円前後、16GBの「NW-S15」が1万8000円前後、スピーカ付属で8GBの「NW-S14K」が1万8000円前後、16GBの「NW-S15K」が2万1000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング