満足度第1位はイーストウッド監督の最新作

2014.9.29 17:53配信
『ジャージー・ボーイズ』 (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT

「ぴあ」調査による2014年9月26日、27日のぴあ映画初日満足度ランキングは、クリント・イーストウッド監督の新作『ジャージー・ボーイズ』がトップに輝いた。2位に『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督が手がけたラブ・ストーリー『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』が、3位に島田荘司の同名小説をもとにしたミステリアスなラブ・ストーリー『幻肢』が入った。

その他の写真

1位の『ジャージー・ボーイズ』は、アメリカのポップバンド、フォー・シーズンズをモデルにした大ヒットミュージカルを映画化した作品。出口調査では「イーストウッド監督の作品なので間違いないと思って来たが、引き込まれるものがあって感動した。ラジオで音楽を聴いていた小学生の頃を思い出した」「ハートウォーミングな作品で、メンバーの仲間意識がよかった。歌も素晴らしかった」「バンドのことをよく知らなかったが、ひとりひとり考えも向いている方向も違うのに、バンドを組むことで一体感が生まれる、その人間関係がおもしろく、そして感動的だった」「期待を上回る内容で大満足。衣装や雰囲気で当時を再現していてタイムスリップしたかのような感覚が味わえた。今年一番の映画になった」などのコメントが寄せられ、40代、50代、60代を中心に支持を集めた。

2位の『アバウト・タイム…』は、タイムトラベルの能力を持つ青年が、理想の恋人を探す中で経験していく出来事を描いたラブ・ストーリー。観客からは「登場人物がみな愛すべきキャラクターで、ラブ・ストーリーというより家族愛を感じた」「タイムスリップするがSFという感じはなく自然でよかった。家族、恋人など大切な人との繋がりを強く意識するきっかけになった」「同じ一日を繰り返す主人公を通して、マイナスと思える日でも、見方を変えればプラスの一日にすることができると教えられた」「タイムトラベルは出来ないけれど、失敗から学んでいく主人公と自分は同じだと思った。ありきたりなラブ・ストーリーではなく、人生の生き方について描いた良い作品だった」など、10代から60代までの観客から好評だった。

(本ランキングは、9月26日(金)、27日(土)に公開された新作映画13本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング