ソニー、4K対応「ブラビア」と接続できる4Kメディアプレーヤー「FMP-X7」、4K放送・配信やハイレゾ音源にも対応

2014.9.29 19:42配信
FMP-X7

ソニーは、4K対応液晶テレビ「ブラビア」や別売の外付けHDDと接続して、4K CSデジタル放送の視聴や録画、4Kネット配信サービスの視聴を楽しめる「スカパー!プレミアムサービスチューナー」搭載の4Kメディアプレーヤー「FMP-X7」を、10月18日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は4万円前後の見込み。

4K対応「ブラビア」に、別売の「スカパー!プレミアムサービス」に対応した124/128°CSデジタル放送アンテナとあわせて接続することで、NexTV-Fの4K試験放送「Channel 4K」や、スカパーJSATが2015年3月1日に開局する「スカパー!プレミアム」4K専門チャンネルを視聴できる4Kメディアプレーヤー。通常の「スカパー!プレミアム」チューナーとしても使用できる。

背面にUSB端子を備え、別売の外付けHDDを接続すれば、4K放送コンテンツを4K画質のままで録画できる。また、今後のアップデートによって、アクトビラが2015年2月18日に有料配信を行う予定の4K VODサービス「4Kアクトビラ」も楽しめる。

4K対応のビデオカメラ「ハンディカム」やUSBメモリを接続して、民生用4K記録方式のXAVC Sで撮影した動画を再生することもでき、4K動画の外付けHDDへの保存にも対応する。

オーディオ関連機能では、携帯オーディオプレーヤー「ウォークマン」やUSBメモリを接続して、MP3/AAC/WAV/FLAC形式の音楽ファイルを楽しめる。音声専用HDMI端子を搭載し、別売のAVアンプやハイレゾ対応スピーカーを接続すればハイレゾ音源を再生できる。なお、音楽ファイルは外付けHDD1台あたり100GBまで保存できる。

インターフェースは、HDMI出力×1、HDMI音声出力×1、USB(HDD専用)×1、USB×1、100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LAN端子×1などを備える。HDMI出力を2系統搭載しているので、4K対応「ブラビア」と4K対応プロジェクターで4K映像を再生しながら、HDCP 2.2非対応AVアンプへ音声を出力することもできる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング